業績アップを強力コーチ!社長・経営者のためのコーチングブログ

executive

冷えたコミュニケーションになっていませんか?

ビジネスで結果を出してもらうために
コーチングやコンサルテーション、アドバイスなど
いろんな手法がありますが、

 

どんなものを使うにしても
結果が出ていないとしたら、自分と相手の関係性
問題がある可能性も疑ってみましょう。

 

・目的や目標までの全体像を共有できているか?
・相手から自分へのフィードバックを受けて軌道修正しているか?
・相手の「今」に集中できているか?
・相手の「未来」への道筋をともに描けているか?
・進行形の関わりをしているか?

 

 

どちらかが手を離したり、緩めた感触は
案外相手にわかるものです。

 

職場だと、声をかける頻度や目線が合う合わないといったことで
感じたりしますよね。
たったそれだけのこと、と思えることが積み重なって
引き出す会話どころか、与えようとしても相手が受け取る気に
ならないかも。

 

直接会う頻度、会話する頻度が少ない場合は、
それまでの期間のやりとりが信頼性や親密感に影響を与えます。
メールの返事の速さや、内容が返事にちゃんとなっているか、だとか。
返事も返さないとなると、それはどうにも・・・。

 

お互いの温度を感じていますか?

 

冷えた関係は、冷えた結果につながる。

 

 

温度は大切!

温度を上げていきましょう。
あなたはどれくらいの温度で、相手と関わっていますか?

 

★今日のCoaching Question★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.相手の温度を感じていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感想・気づきをコメントでお寄せください。
お声をいただけたら嬉しいです♪

info@piena-coach.com まで。

 

 

 

追伸:

 

コミュニケーションは質と量、と言われます。

質を良くすることは大事。
けれど、質が難しいなら、量を増やすこと。

 

しかし、量を増やす、というのもそう簡単ではないですよね。
私はメルマガを週3回配信していますが、毎日は厳しいです。

 

量を増やす、と決めたときに見落としがちなことがあります。

それは・・・継続。
続けないと量は増えていかないです。
一時の大量行動の効果は、やはり一時的なもので終わります。

それに、足が止まってしまったら、たいした量にならない。

 

そして、継続するために必要なのは
目的がハッキリしていること。
自分にしっかりと動機づけしていることです。

 

続けること、量を増やすことで自分にとってどんないいことがあるのか
わかっていないと、やり続けるのは難しい。
ちょっとしたことで、やらない日ができて、
再開するためには、始める時以上にエネルギーが必要になります。

 

見守ってくれる応援者がいてくれるとなおいいですね。

 

ここで前述の「温度」が大事です。
応援してくれている感じが伝わってこないと淋しいし、
続ける意欲が失われます。

 

私のメルマガを例にすると、
今回のアンケートでは、面識のない方たちが書いてくださった感想に、

とても励まされました。
しっかり読んでくださっていることに感激!

 

もちろん直接会ったことのある方からのご感想もです。
おひとりお一人の顔が浮かびました。

 

受け止めたのですから、今度は私が返す番。
しっかりこれから反映したものをメルマガで取り上げていきます。
ここからが質の上げどころですね。

量が多くても、質がともなわないと滞るときがやってきます。
質がよくても、継続しないと存在がなくなります。

 

質と量のバランスを意識して、
日常のコミュニケーションを豊かにしていきたいですね。

 

人と人が関わると可能性が生まれる。
コミュニケーションのあり方で、人生が拡大されます。
温かさ伝わる関係づくり、目指していきましょう。

 

 

 

★プレゼント★
週3回、メールマガジン【1分間☆エグゼクティブコーチング】を配信しています。
本日777号を迎えました!
このたび、読者登録&アンケート回答をしてくださった方に
自分の軸が次第にできていく「自分への10の質問」シート
プレゼントしています。
ご協力いただけたら、嬉しいです!

 

以下のフォームをクリックしてくださいね。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/16008e90545501

2018. 05.25

Comments are closed.

最新記事 カテゴリー アーカイブ

Archives

  • [—]2018 (69)
  • [+]2017 (18)
  • [+]2016 (4)
  • [+]2015 (84)
  • [+]2014 (157)
  • [+]2013 (101)
このページのトップへ