業績アップを強力コーチ!社長・経営者のためのコーチングブログ

executive

まずはお礼です。

 

前回のブログとメルマガで、広島の被災地で必要としている
土嚢袋(どのうふくろ)、タオル等の支援をお願いしたところ、
遠方の方々がたくさん送ってくださいました。

 

発起人の方ともども、心からお礼申し上げます。

 

本当に何枚あっても足りない状況です。
苦難も「いつでおしまい」という期限があればいいのですが、
先が見えない状況で猛暑の中、復旧作業を続けている方の
ストレスは計り知れません。
一日も早く日常を取り戻されるよう祈るばかりです。

 

今度の日曜のグループコーチング
【みんなで幸せになる勉強会 vol.2】は無料開催です。

テーマは、「気持ちの良い未来を描こう」。

 

明るいホテルのロビーラウンジで
一緒に「気持ちの良い未来」について話しませんか?
被災エリアの方は、JRが不通になっているので難しいかも
しれませんが、気持ちをリフレッシュする機会になれば
幸いです。

 

詳細とお申込みは、以下のページををご覧ください。
http://www.piena-coach.com/blog/?p=2556

 

さて、

今日の本題です。

 

 

 

【コーチングって何ですか?】

 

今日は「そもそも」の話。

 

「コーチングって何?」と訊ねられたら、
あなたはどう答えますか?

 

コーチングは、コミュニケーションスタイルのこと?

 

コーチングは、スキル?

 

世界最大のコーチの非営利団体、国際コーチ連盟では、
次のように定義しています。

 

「コーチングとは、
思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、
クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、
コーチとクライアントのパートナー関係を築くことである」

 

なんだか難しく書かれていますが^^;
「創造的なプロセス」自体がまさにコーチングと考えてよさそうですね。

 

過去にこだわることなく、
新たな視点、未知の発見、未来に向かう開かれた発想で
最良の道を歩んでいくこと

 

と、私は解釈しています。

 

今、自分が行っている人とのやりとり、
目の前の人と交わしているものが

 

「創造的なプロセス」になっているかな?
と自分に問ってみませんか?

 

 

無意識に、
「こうでなければならない」と縛りやルールの中で考えているなら
それはコーチング的ではないですね。

 

自分の常識に相手を閉じ込めようとしているかもしれません。

 

めまぐるしく世の中は変化していく。

 

変化にのる勇気、そして自らが変化を生み出すエネルギーが
これからの時代を、力強く生きていくために必要です。

 

まずは、自分自身
そして、自分につながる人たちとのコミュニケーションを
創造なものにしていくと、
どんどん可能性も広がっていきます。

 

まずは、人の話を
「へー、そういうこともあるんだ!」と
素直に興味深く受け止めてみることからはじめてみませんか?

 

人と人が関われば、可能性が広がる。
広がるイメージをもって関わっていきましょう。

 

 

 

★今日のCoaching Question★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.可能性の広がりを創造していますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感想・気づきをコメントでお寄せください。
お声をいただけたら嬉しいです♪

 

info@piena-coach.com まで。

 

 

 

追伸:

 

ボーダレスということばすら、もう必要がないくらい
一瞬にして世界とつながることができる現代です。

 

自分の見えている世界はほんの小さな領域ですよね。

 

だから、

 

「ありえない」ということばを発するのはナンセンス。

 

自分の知らない世界を「おもしろい!」と思える度量が
必要だなぁ、と思います。

 

それが、可能性が開けていくコツじゃないかな。

 

とはいえ、
自分の「軸」や「核」は持っていないと、
いろんな情報に翻弄されてしまうことにもなりかねません。

 

あなたは、どんな軸をもって
自分の世界を広げていきたいですか?

 

私は・・・やはりプロのコーチとして「コーチング」をする。
そこだけはしっかり握っていたいと常に思っています。

 

最近、WEB広告などを見ていると、
「コーチング」と「コーチングみたいなもの」が混在している
ように見えます。

 

本当の意味での「コーチング」を知らないでやっている人
なのかなぁと感じます。

 

私の研修やコーチングを受けた方に、これまでたびたび言われました。

 

「コーチングって上から目線で、嫌な印象があった。ぜんぜん違うんですね」

どこでどんなふうに受けて来られたのか・・・
ドキドキ。

 

国際コーチ連盟(ICF)では、
他の手法、たとえばコンサルティング、メンタリング、カウンセリング、
などとは明確に分けているところが、私は気に入っています。

 

ICFの認定資格を持つコーチは、
「コーチング」以外を「コーチング」だと言ってやってはいけない、と
コア・コンピテンシーの中に明記されていて、
守らない場合は、資格はく奪もあり得るとまで書いてある。

 

国家資格でもないのに、なかなか厳しいです。。。

 

コーチングのスキルを取り入れたコンサルティングやメンタリングは
効果的でいいと思いますよ。
コンサルタントやメンターと名乗ってやればOK。

 

だけど、
コンサルティングをコーチング、コンサルタントがコーチ
と言ってしまうのはNGです。

 

「答を引き出す」と言うフレーズを使いつつ
「答を与えている」ようなら、それはコーチングではない。

 

一般の人は、違いがよくわからないかもしれないですが、
プロと名乗っている人はわかっていないと当然ダメです。

 

結果が出て、相手が喜んでいるならいいじゃないか、
と思うなら、「コーチ」と言わないで、自信をもって
正しい肩書きで仕事していけばいいですね。

 

これは、縛りやルールというより、
周りに誤解を与えないための区別として必要なこと。

 

例えていうなら、

 

内科の先生が外科手術をしてはならない、というようなもの。
領域が違うから。

 

実はこの例えは、8月に開催する
国際コーチ連盟日本支部(ICFJ)との共催イベント
【ICF説明会 世界基準コーチングの魅力!】で講師をされる
ICFJ理事の荒木まさえコーチがおっしゃったことなんです。

 

そうだなぁ、と思ってここで使わせてもらいました。

 

ICFJの教育担当で、グローバルな視点でコーチングの普及に
尽力されている素敵な女性です。

 

世界に通用するコーチングを皆さんに知ってもらいたいという
私の願いを受け止めてくださって、
広島初のICFJによるイベントの実現することになりました\(^o^)/

 

詳細とお申込はこちらから。

 

【ICF説明会 世界基準コーチングの魅力!】
https://www.kokuchpro.com/event/icfj_hiroshima/

 

創造的なプロセスで可能性を広げていく世界基準のコーチング
の魅力を会場で味わってくださいね。

 

 

 

 

9月始まりの【ピエナコーチングマスタースクール】
説明会実施中!
3か月でコーチングできる人になります。

詳細はこちら♪
https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

 

ハッピーエンドに向かうグループコーチング
 【みんなで幸せになる勉強会 vol.2】7/22(日)開催
今月は参加費無料です!

詳細はこちら♪
http://www.piena-coach.com/blog/?p=2556

 

 

2018. 07.18

30度を超える猛暑が続いている連休。
いかがお過ごしですか?

 

まず、今日は緊急のお願いから。

 

このたびの西日本豪雨災害で
被災地では、炎天下で懸命な復旧作業が続いています。

 

いまだ避難指示が出ているエリアも少なくありません。

 

そうした中、多くのボランティアの人たちが現地で作業をしていますが、
土嚢袋(どのうふくろ)が圧倒的に不足しています。
広島市内ではまず手に入らない状況です。

 

提供してくださる方、ご連絡いただけたら大変有難いです!
使用済みタオル、バスタオル、シーツ等々も泥を拭くなど
で必要ですのであわせて募集しています。

 

私の知人が21日に現地入りしますので、
20日必着でのお願いとなります。

 

今日のメルマガにそのまま返信でご連絡いただきましたら、
郵送先をお知らせします。
なお、送料はご負担いただくことを
あらかじめご了承ください。

 

ご協力に心から感謝いたします。

 

 

 

さて、

では、今日の本題です。

 

 

【まとめるのは誰?】

 

会議や面談、セミナーでも
最後にまとめて締めくくりますよね。

 

まとめているのは誰でしょう?

 

誰がまとめると、効果的だと思いますか?

 

それは・・・その内容を一番理解してほしい人ですね。

 

部下との面談であれば、その部下に。
コーチングセッションであれば、セッションの相手に。
セミナーであれば、参加者に。

 

その時間の気づきや感想をまとめてもらいましょう。

 

 

口に出すと
そのことが自分の中に定着します。

 

学びの定着です。

 

また、

 

話すことで整理でき、
具体的な行動のイメージもわいてきます。

 

こちら側にも利点があります。

 

聞かせてもらえば、
相手の想いや理解度がわかるので、
修正やフィードバックもできますね。

 

ぜひ、最後は相手にまとめて話してもらいましょう!

 

自分で考えてまとめてもらう。
その後の自発的な行動につながる効果的な方法です。

 

★今日のCoaching Question★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.相手がまとめることをサポートしていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感想・気づきをコメントでお寄せください。
お声をいただけたら嬉しいです♪

info@piena-coach.com まで。

 

 

 

追伸:

 

コーチングセッションでは、

 

「ここまで話してどうですか?」
「話して気づいたことや感想などありますか?」
「最後に自分でまとめてもらえますか?」
「今日話したことをまとめてもらえますか?」

 

というふうに、相手にリクエストします。

 

口に出してまとめると、
スッキリ整理ができる\(^o^)/

 

その機会を相手に提供します。

 

こっちがまとめて理解しても、
相手の行動につながらなければ意味がないですものね。

 

あせって締めくくらないで、
最後まで相手の話を聴くスタンスが大事だと思います。

 

なんだか最近、みんな焦り過ぎのような気がします。

 

自分の中に大事なことを定着させるには
ある程度の時間が必要。

 

時間短縮は効率的だけど、すべてにそれを優先したら
失われるものもある気がします。

 

少なくとも、人との関係がモノのように効率化されることはないと
思うのです、私は。

 

「待つ」こと、時間をかけることがもたらす効果や価値を
忘れないでいたいですね。

 

ひとつお知らせ。

 

グループコーチング【みんなで幸せになる勉強会 vol.2】
7月22日開催します。
今回のテーマは「気持ちの良い未来を描こう」。
http://www.piena-coach.com/blog/?p=2556

 

今週は、断水から復旧するエリアも増えるようですね。
とはいえまだまだ日常を取り戻すには時間がかかると思います。

 

広島駅とつながったホテルで開催なので、通常はとても便利な場所
なのですが、在来線の復旧が1か月以上かかるそうなので
呉方面の方は不便ですね。。。申し訳ありません。

 

1週間後、どれくらい回復できているかわかりませんが、
今回は参加費無料で開催しますので、
ご都合とタイミングが合う方はよかったらご参加ください。

 

「気持ちの良い未来」一緒に見れたら嬉しいです。

 

 

9月始まりの【ピエナコーチングマスタースクール】
説明会実施中!
3か月でコーチングできる人になります。

詳細はこちら♪
https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

2018. 07.16

このたびの大雨は、私が居住する広島全域に
大きな打撃を与えています。

 

メールやメッセージ等くださった方々、
どうもありがとうございました。

 

私自身は、新幹線が不通となった7日は移動を断念したものの
それ以外はまったく影響なく
昨日も公共の交通機関を使うことができ、研修の仕事を
スムーズに終えることができました。

 

しかしながら、
広島県内は、道路が通行止めの箇所が多々あり、
しかも水や電気が途絶え、復旧のメドが立っていない市町村が
たくさんあります。

 

被害にあわれた方々が、一日も早くいつもの生活に戻れるよう
お祈りいたします。

 

 

 

【近くと遠く】

 

日ごろの生活では、災害に関心を寄せる時間は
ほとんどありません。

 

目の前に起きていることに心を奪われがちで、
ここ数日テレビで映し出される光景が私の街だとは信じられない。

 

自分自身の反省と戒めとして、
今日はこのことばをお伝えしたいと思います。

 

 

「遠慮なければ、近憂あり」

 

 

論語の衛霊公(えいれいこう)篇にあることばです。

 

「遠慮」とは、私たちがいつも使っている意味とは少し違います。

 

遠くのことを慮る=現地点から離れたことや場所について考える、
という意味です。

 

1年後、3年後、5年後といった時間的に遠く離れた将来、
自分のいる場所から距離のある離れた場所、

 

今いるところから離れた時間や空間に思考を向けていないと
近くのこと、足元のことで憂える=悩むというのが全体の意味ですね。

 

裏返せば、
遠慮があれば近憂はない、わけです。

 

家族の問題も、ビジネスについても同じ。

 

近くに目がいっていると気づいたら、
同時に遠いことも考える視点を持ちたい。

 

今ここにいながらも、遠い未来のことを考える。
2018年にいながら、2025年を考える。
広島にいながら、地球の真裏のことを考える。

 

 

そうでなければ、足元の出来事に翻弄されて、
将来の大きな問題や課題への対策が先送りされていきます。
それらが表に出たときは取り返しがつかないほど
大変な事態となりかねません。

 

現状に集中しているとき、同時に未来を見れているか
自分自身を俯瞰していることは大切。

 

いつかは来る災害にも心を留めながら、
今どうあるかを考えるのも大事。

 

目の前の小さなことに翻弄されない自分を育てていきたいですね。

 

★今日のCoaching Question★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.遠く離れたところに、想いを寄せていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感想・気づきをコメントでお寄せください。
お声をいただけたら嬉しいです♪

info@piena-coach.com まで。

 

 

追伸:

 

孔子と同時期に活躍した老子のことばもご紹介しますね。

 

「太陰、太陽也。」

 

大きな陰は、大きな陽を生み
大きな陽は、大きな陰を生む。

 

陰陽逆転の発想です。

 

陽が満ちると、陰を生む。

 

これ以上行かないくらいトップになれば、
あとは落ちていく。

 

逆に、一番下に落ちてしまえば、
あとはぐっと上がっていく。

 

陽と陰は表裏一体と読み取れます。
陰ならば陽がある。

 

どんなに最悪だと思える場面でも、
陽は必ずあるから、それを発見できる目を持ちたい。

 

 

こうした東洋哲学の逆転の発想に、私はこれまでかなり助けられてきました。

 

災害に合われた方は、今はそんな気持ちにはなれないとお察しいたします。
けれど、かならず陽への切り替わりがあるはずです。

 

切り替わる前にも、
どんなときにも、幸せや喜びはかならず存在する。
きっとそれらは、探されるのを待っている。

 

今日は天気も良くなりました。
が、水や電気にお困りの方も多く、
不便な生活がしばらく続くと予想されます。

 

大陰の中で太陽を見る。

 

難しいことではありますが、どうぞ心身を大切にされ、
踏ん張ってください!

 

一刻も早く日常を取り戻せますように、お祈りいたします。

 

 

★お知らせ★

 

【みんなで幸せになる勉強会 vol.2】を開催します!
今回のテーマは「気持ちの良い未来」
グループコーチングで、定員5名。
日時は7月22日(日)、10時~12時。

 

自分が描く幸せな気持ちの良い未来について、
深めていきましょう!
「目標」というとちょっと考えにくい人も
もっと大きく「未来」を想ってみませんか?

 

詳細はこちらから
http://www.piena-coach.com/blog/?p=2556

 

 

2018. 07.09

私たちは、いろんな目的で日々人と会っています。

 

新規顧客獲得のために営業してみたり、
部下を動かすために面談をしてみたり、

 

目の前の人に直結した願いを持っていることがほとんどです。

 

でも、ここでちょっと考えてみてください。

 

その人の向こうにどれだけの人の姿が見えますか?

 

例えば、
今会っている人にお客様になってほしいと思っています。

 

もちろん、その方が自分のサービスや商品を購入してくれたら
願ったり叶ったりですが、
その人だけでなく、その人につながる人たちにも広がりがある
と考えてみましょう。

 

だとしたら、

 

たとえその方との間でタイミングが合わず交渉がうまくいかなくても、
あなたの態度やあり方に相手が好印象を持ってくれれば、
自分の知人や友人を紹介してくださることも起り得ます。

 

例えば、

会社で笑顔の少ない部下に、毎朝笑顔でこちらから声をかけ続けたとする。
その部下に笑顔が見え始めたら、
同じ部署の人たちに笑顔が広がるかもしれません。

 

自分の行動やあり方は、
目の前のひとりを通じて、さらにその先につながるストーリーが
あると思って、想像してみましょう。

 

 

イメージする力は、実現への原動力となります。

 

目の前の人との関わりに全力を尽くすと、
どんな広がりがあるでしょう?

 

実現にはちょっと時間がかかるかもしれませんが、
決して後戻りはしない力強く未来を構築するひとつの方法です。

 

ぜひ目の前のひとりに真剣に関わってみてください。

 

★今日のCoaching Question★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.目の前の人に全力で関わったら、どんな未来がありますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感想・気づきをコメントでお寄せください。
お声をいただけたら嬉しいです♪

info@piena-coach.com まで。

 

 

追伸:

 

毎日忙しいと、目の前のことを作業のように扱ってしまうことも
あります。
未来を想像して、それを手掛けているか?と訊かれると、
そんなこと考えるヒマなんてない、という人もいるかもしれません。

 

でも、それだと今の時間がもったいなくないですか?

 

意図した以上に充実した時間を過ごせたときには、
ものすごく幸せな気持ちになります。

 

本当に奇跡が起きたかのように嬉しい!

 

こんな気持ちが毎日起きたらいいのになぁ、と思います(*^_^*)

 

だけど、
実はたくさん起きているんじゃないでしょうか。
気づいていない、見えていないだけで。

 

目の前の人との関わりも、自分の直接的な意図を越えた奇跡が
実はその先に広がっている、と思い始めると
奇跡に気づきます。

 

それは、具体的には
新たなアイデアを思いついたり、
知らない情報を引き寄せたり、といったものとして
結構早く現象としてあらわれるかもしれません。

 

 

そうなれば、
自分の想定を超えた展開が広がっていきますね。

 

スキルとマインドはセットです。

 

スキルでいうと、

 

しっかり相手の話を聴いて、
認めることを発見してことばで伝えて、
わからないことは素直に質問して訊ねる。

 

まさにコーチングのコアスキルの実践。

 

今日も少しだけでもいいので、
相手を認めたり、しっかり聴いたりして
1ミリでも世界を広げることを意識してみませんか?

 

未来が大きく広がることをイメージして。

2018. 07.06

「聞き上手は話し上手」と言われることがあります。

 

どうしてかわかりますか?

 

正しい日本語や敬語をきちんと話して、
美しく話す人も話し上手ですが、

 

「この人の話、おもしろい!」とか
「もっと聞いてみたい」と
興味を持たせてくれる人の方がより「話し上手」だと思えますよね。

 

 

相手が聞きたいことを話せば、
相手は聞く耳を持って、関心を寄せて聞いてくれます。

 

ということは、

 

何を知りたいのか、何に興味を寄せるのかを
知らなくてはならない。

 

だから・・・・まずは相手の話を聴くことが必要なんです。

 

もちろん、業務上で伝えないといけないことが
部下の興味をそそるものではないかもしれないですが、
「自分ごと」として考えさせる伝え方ができると
意欲をもって話を聞いてくれます。

 

・それをすることで、自分の何が満たされるのか?
・大切にしたいものとのどうつながりがあるのか?

 

こんな点を察して話すと、
グンっと「自分ごと」として捉えてくれる可能性があがります。

 

日常で、どれだけ相手の望んでいることに気づいて
会話をしているかが、
信頼関係を築く大切なポイントです。

 

相手の望みをどれくらい察しているか、
これから会う人を前にして、自分に問いかけてみませんか?

 

そして、いつもより「相手の望み」にアンテナを立てて
聞いてみましょう。

 

★今日のCoaching Question★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.その人は何を望んでいますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感想・気づきをコメントでお寄せください。
お声をいただけたら嬉しいです♪

info@piena-coach.com まで。

 

 

追伸:

 

コーチングでは、「聴くこと」は最重要スキル。

 

スクールではコミュニケーションのチェックリストに
「相手の話を遮らないで最後まで聴く」という項目があります。

 

よく考えると、当たり前のことです。

 

でも、、、やってないなぁ、と言う人が大多数。
相手が話している途中で、ついつい自分の言いたいことを
言ってしまう。

 

逆の立場だとどうでしょう。

 

気弱な人だと、そこから先、話す意欲をなくしてしまうかも
しれないですね。

 

みーんな、話したがり(笑)
聞いてほしい人ばかりだと、聞いてくれる人がいない。

 

相手の立場になって考える、
さらにそれを活かして行動する、というのは

 

言うは簡単、行うのは難しい。。。

 

意識を向けるだけでなく繰り返しの実践が必要です。
それが大事なんだ、とことあるごとに意識して
そのたびにやり続ける。

 

正直・・・なかなかそんな決意は続きにくい(笑)
たったこれくらいのこと、
と思えることが・・・・案外できないもんです。

 

コーチングのトレーニングを受けると、
ここがまず解消されていきます。

 

話を聞かないと次のステップにいけないですから。

 

自分が話したいように話してしまうと、
果てしなくアドバイスやコンサルティングのように展開してしまって、
自論に相手を巻き込んでしまいます。

 

もちろん、プロのアドバイザーやコンサルタントは
相手の話もうまく聴きながら提案するのでそれはそれで上手いのですが、

 

普通の人はそこまで相手を納得させるどころか
ただ自分の言いたいことだけで終わってしまいがちです。

 

「話を途中で遮らないで最後まで聴く」習慣をつけると・・・・
相手の世界に自分にない発見をすることができる。

 

相手も話しながらさらに自分の世界を広げていけます。

 

つまり・・・聞き上手には自分も相手も世界を広げる力があるんです。
お金もかからないで、世界が広がるっていいと思いませんか?

 

それどころか、聴くことを仕事にすれば、お金も入ってきます(笑)

 

 

とはいえ、

 

話しを聴く、というのは
簡単そうで難しい。

 

習慣づけるスイッチを持つ方がいいでしょう。

 

「相手の話を最後までさえぎらずに聴く」と
目に触れるところに書いておく、というのも
人によっては効果アリです。

 

どんなスイッチが自分に効くのか、工夫してみてくださいね。

 

もし、この壁を越えて、世界を広げる聴き方を身に付けたいなら、
【ピエナコーチングマスタースクール】も選択肢に入れてみてくださいね!
(と、最後は営業になってしまいましたが^^; 効果アリです!!)
3か月間、じっくり私がサポートします。
https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

 

 

 

 

■9月始まりの【ピエナコーチングマスタースクール】
ベーシッククラスのスクール生募集を開始しました!

 

コーチングのスキルは、部下指導だけでなく、
サービス業や相談業など対人業務をされている方に、
とても役立つ技術です。

 

「ショートセミナー付き説明会」では、コミュニケーションの
あり方で相手にどんな影響を与えるかを体験していただける
ワークをやってみますね。

 

興味はあるけれどご参加が難しい方は「無料の個別説明会」
にお申込みください。
どんな質問でもどうぞ。

 

 

●ショートセミナー付き説明会(3回実施。いずれも同じ内容です)

日時:
①7月14日(土) 17:30~20:00
②7月15日(日) 10:00~12:30
③7月15日(日) 14:00~16:30

 

場所: 合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市中区袋町6-36)

 

申込み締切: 7月7日、午前中までにお願いします。

 

 

●無料の個別説明会(対面もしくはスカイプ)

 

開催期間 :7月末日までのご希望の日時
※時間帯は10:00~21:00で、所要時間は60~90分です。
申込み締切: 7月29日

詳細とお申込みはこちらのサイトでご確認くださいね。
https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

 

なお、スクールで開催する集合研修は月1回の土曜か日曜の
10時はじまり、18時終了です。
遠方の方でも距離しだいで可能な時間帯ですので、
ご関心をお持ちいただけたら、ぜひご検討くださいね!

2018. 07.04
最新記事 カテゴリー アーカイブ

Archives

  • [—]2018 (69)
  • [+]2017 (18)
  • [+]2016 (4)
  • [+]2015 (84)
  • [+]2014 (157)
  • [+]2013 (101)
このページのトップへ