業績アップを強力コーチ!社長・経営者のためのコーチングブログ

executive

広島は1年で一番の人手となる「フラワーフェスティバル」で
平和大通りは大賑わい。
なんと41回目の開催です。

 

動員数では毎年「博多どんたく」と競っています。
3日間で160万人を超えているといいます。

 

この祭り、
地元新聞社とその系列のテレビ局が舵取りして
広島市を巻き込み作りました。

 

民間企業が中心となって作った祭りが
広島市中心部の1.2キロの公道を3日間使って、
おどろくべき集客数で41年継続しているわけです。

 

すごくないですか!?

 
何が決め手なんでしょう?

 

そこには、
市民が心から楽しめる場があるから、ですよね。

 

沿道には、広島の企業や団体が、ステージや出店を出店し、
子どもから大人まで楽しめるようそれぞれ趣向を凝らしています。

 

今年は、初日は89団体約9000人が平和大通りをパレード。
3日間で28のステージで約243団体が、ダンスや音楽を披露します。

 

最終日5日の子どもの日は、子どもパレード。
自分の子どもや近所のあの子もこの日ばかりはスターです。
メイン道路でその姿を披露。

 

まさに、市民が主役です。

 
巻き込まれて嬉しい。
笑顔がいつもそこにある。

 

そんなムードがいいんだと思います。

 

無理やり人を集めようとしても、無理ですよね。

 

相手の喜びや願いがある場を創ること。
それが大事。

 

集客の基本ですね。

2017. 05.03

ゴールデンウィーク、連休の真っただ中!

 

広島市内には、新しい商業施設がいくつかでき、
賑わっていますね。

 

「広島店舗」だとか「今までにない」といった
キャッチコピーが目につきます。

 

あなたは、「初」「新しい」といったこと自体に
価値を感じる人ですか?

 

私は、新しいだけでは心惹かれない、少々天邪鬼なタイプです。
人の集まりも
商品の売れ具合も

 

相手からみた「価値」しだい。

 

自分の商品やサービスが素晴らしい!と思っていても、
相手にとって価値が感じられないなら、
購入には至らないですよね。

自分のこだわりが売れないのは淋しいことですが、
誰に提供するのか、相手目線でいなければ、

売れるはずもなし。

対象となる人が価値を感じなければ、
商品の存在価値自体も危うくなります。

 

そして、購入してもらうためには、
対象になる人に、価値をきちんと伝える必要がある。

 

話題の商業施設は、地域の人を招待してプレオープンしてましたね。
メディアでも放映され、来場者のインタビューを通じて価値を伝えていました。

 

映像と消費者のことばで語られると、

わかりやすいし、魅力が良く伝わります。

私も行ってみたい!と思えました。

 

 

 

自分の提供しているサービスや商品は、
誰にどんな価値を提供しているだろうか?

 

目的と目標、
相手目線の商品づくり、
なぜその商品なのか、その理由。。。。
ゴールデンウィークの予定が白紙に近いので(笑)
基本に立ち返って
このあたり、じっくり考え中です。

 

 

2017. 05.01

形のあるものを管理するのは、
現状が見えてわかるので、対処もしやすいですが、

 

目に見えないものは結構やっかい。

 

その代表的なもののひとつが「時間」です。

 

過ぎた時間は取り戻すことができません、
そして、私たちが直接操作できるのは「今」だけ。
どの時間にどの作業をするのが効率が良いか、
一日のどこに組み込むのがやりやすいか、

 

そうした段取りをつけて行動すると、
それぞれ集中した時間管理ができますね。

 

Q1.1日のうちで一番時間がかかることは何でしょう?

 

Q2.その時間を半分にするとしたら、今と何を変えたらいいでしょう?

 

 

優先順位をつけて、時間を配分し、
さらにそれぞれ工夫して、
効率よく、質の良い時間の使い方をしませんか?

 

振り返りとこれからのコーチング、
ゴールデンウィーク中に受け付けてます♪
http://www.piena-coach.com/blog/?p=2093

 

 

2017. 04.29

未完了・・・先延ばしにしてやらないままにしてきたことを、
終わらせて「完了」しよう!
というテーマでここまでお伝えしてきました。

 

リストにしてみると、結構多くて
どこから手をつけていいのかうんざりするかもしれません。

 

自分の課題ですから、自分でするのが当たり前のようですが、
他にも方法があります。

 
その1、
他の人にまかせる。

 

自分でやらないで、人にお願いしてやってもらえることって
ないですか?
全部を自分でやりきる必要はないのです。

 
その2、
やらない、と決める!

 

リストに書いたものは「未完了」なだけで、
「やること」リストではないですよね。
「やらない」と決心すれば、未完了は「完了」します。

 

コーチングをしていると

 

「そうか! やらなくてもいいんだ!!」
と気づかれて、ずいぶん気分が晴れたという人に出会います。

 

きっとそれは「やらなければならない」と無意識に自分に
強いていた宿題だったんですね。

 
世の中どんどん便利になって、空き時間ができてもおかしくないのに
なぜか忙しさは増す一方。
やることが減るどころか、不思議とやることはどんどん増えている。

 

整理がつかないまま、次から次への目の前にあらわれる事柄に
関わっていくと、
未完了はどんどん増え続けることになりかねません。

 

「やること」は自然と増えて、
「やらないこと」は意識しないと消えずに未完了になる。

 

スッキリ、クッキリ、気持ちよく生きていく秘訣は、
「やらないこと」を決めていくことですね!

 
何をやって、何をやらないか
ひとりで整理しづらかったら一緒にやりませんか?

 

【コーチングライブvol.4 未完了を完了する】
https://peraichi.com/landing_pages/view/coachinglive4

 

忙しいあなたの貴重な時間を費やすのですから、
どうぞ楽しんで少しでも効率よく未完了をやっつけてくださいね!

2017. 04.21

物事をやり遂げるには、
「いつまでに」「何を」「どうする」を
決めることが基本ですが、

 

ずっとやらないままで、今日まですませていたものを、
簡単な行動計画を立てたところで、果たして手をつけるでしょうか?

 

例えば、
引き出しの中に入れたままの名刺を整理する、
と決めるなら、

 

ただ、いつ整理をする、と決意するだけでは不十分。

 
まずは、
完了していく状態をアタマの中で描いてみましょう。

 
引き出しから取り出した名刺はどこに移動しますか?
すべて捨ててしまうのでなければ、
移動スペースをどこにどう作るかまで決めておかないと、
結局置き場所が決まらず、
それが障害となって、うんざりしてやめてしまうかもしれません。

 

仮に場所を決めたとして、何に収納しましょう?
名刺ホルダーでしょうか? 箱の中でしょうか?
その入れ物は準備できていますか?

 

収納容器がないことを理由に
「また明日にしよう」になってしまうかもしれません。

 

だから、
いきなり取り掛かるより、

 

完了の作業をしている状態をイメージすると
必要なものも準備できるし、
具体的な行動計画が立てられます。

 
取り掛かる前に、アタマの中でリハーサル。
本番は、そのとおりにチャレンジです。
きっと、完了に向けて作業がうまくいきますよ。

 

「未完了」を完了するイメージを持ってからはじめましょう。

 

私の未完了の一つは、本の整理。
本棚から本が溢れています。
どんどん増え続けて、何度か売りにも行きましたが
キリがない。

 

そこで、「買わないで読む」ことにしました。
すべてではないけれど、読み切るだけなら・・・・図書館!

 

最近、徒歩5分の場所にある大学の図書館に通うのが日課に。
夜9時まで開いているので、基本借りないで、そこで読みます。
30分~1時間くらいですが。
時間の区切りもできてなかなか気に入っています。

 

社会心理学、経営学、プレゼンテーションやコミュニケーション
の本も揃っています。
蔵書は、インターネットでも検索可能なので、
図書館に行く前に調べることができます。

 

まるで大きな本棚を持っているような気分♪

 

そこにはない本だけ買えばいい。
ぎゅうぎゅう詰めの本棚より、
何もないスペースがある方が価値がある。

 

余裕を作っていきたいです。

 

たぶんそれは、私の心の状態とつながっている気が。

未完了を片付けたら、「整える」生活を意識していきます。

 
もし、ひとりで未完了と取り組むのが面倒なら、
コーチングライブできっかけを作りませんか?

完了する新たな方法が見つかるかも。

 

【コーチングライブvol.4  未完了を完了する】
https://peraichi.com/landing_pages/view/coachinglive4

 

行動計画まで一緒に立てて、未完了をやっつけましょう!

2017. 04.17

中途半端にしてきたものや
先送りにしてきたことを「未完了」といいます。

 

書き出してみると・・・・うんざりしないですか?
こんなにある、と。

 

どこから手をつけていいのかわからない、という
想いでいるかもしれませんね。

 

まずは、
ひとつひとつ細分化して、行動しやすくします。
その中から10個選びましょう。

 

手始めに、「やりやすいもの」から。

 
できれば、この土日で少しでもやってみませんか?

 

例えば・・・・
未読のメールを整理する。
履かない靴を処分する。
机の上を整理する。
溜まったDMを捨てる。
冬物を片付け、クリーニングに出す。

 
何事も小さな一歩から。
これまで放置してきた「10個」に触れてみませんか?

 
取り組み始めると、
必然的に、いつもと時間の使い方が変わりますよね。
結構新鮮で、いつもと違う道を歩く感覚と似ています。

 

それだけ毎日限られた行動パターンで生きているんだなぁ、と思います。

 

ほんの少しの、いつもと違うこと、特に無意識に避けていることに
手をかけることで、気持ちも景色も変わります。

 

未完了を完了することは、
終わらせるスッキリ感とともに、
そのプロセスで意外な発見がありますね。

 

それに、

 

自分だけで終わらせる未完了は、自分しだいなので
実際のところどうにでもなりますが、
自分以外の人が絡んでいる未完了だと、
取り組むことにかなりの葛藤が起きます。

 

それをどう解決していくか、は
個人差や問題の大きさがありますので、
よかったらコーチングライブで私がコーチングしてみたいと思います。
解決の手立てになったら嬉しいです。
ご希望の方は以下のサイトからお申し込みくださいね。

 

【コーチングライブvol.4 未完了を完了する】
https://peraichi.com/landing_pages/view/coachinglive4

2017. 04.14

まだやりきれていないこと、課題として残っているものを
書き出してみましょう。

 

10個くらいは、わりと簡単に書けます。
ここまでが普通のto do リスト。

 

一度手が止まって、そこから・・・・
実は、そこから先出てきたものが、
本当に完了させたいものが多いようです。

 

私の場合は、

 

PCのデータを整理する、
本棚の整理、
名刺の整理、
資料の整理・・・と、目の前の片付け関係が断然多い。

 
うーんと考えてでてくるものは、
長年心の隅に持ち続けてきた解決したいこと。

 

例えば・・・・

 

事業をはじめる前から抱いていた夢、
本当は自分から謝るべきだった人との諍い、
返さないと・・と思いつつまだ返していないもの、
いつかは会いたい!と思っている尊敬している人に会いに行くこと、
本当は学びたかったこと、

 

やればできる、といったものとは少し違う、
時間や段取りが必要だったり、
自分の人生や未来につながるもの。

 

まだ手をつけていなかったり、中途半端な状態にしていることで
自分の至らなさを責めたり、自信を失いそうになる気持ちが
起きるかもしれませんね。
日ごろは忘れていても、
思い出すとエネルギーダウンする。

 

けれど、

 

見ないふりは、決着の先送り。
ごまかしではなく、決着をつけないと
この嫌な状態は心の重石として存在し続けます。

 

生きている間にすべて完了するのは難しいかもしれないけれど、
誰でもなく自分で望むことなら、
本当に望んでいるものなら・・・

 

やりたいですよね!

 

なんとなく先送りするより、
まずは自分で認識している状態をつくる。

 

とりあえず、時間をとってリストアップして、向き合ってみませんか?

 

まずはそこから、私も再度チャレンジします!

 

今月のコーチングライブで、完了のためのきっかけをつくります。
未完了を完了したい人、お待ちしてます。

 

コーチングライブvol.4

【未完了を完了する ~先送りするのをやめてスッキリ身軽になる!】
https://peraichi.com/landing_pages/view/coachinglive4

2017. 04.12

やろうやろうと思いながら、

to doリストから消えないものはありませんか?

あるいは中途半端で、最後まで終わらせていないものは
ありませんか?

 

やりきれていない自分が情けなく感じたり、
イライラしたり、嫌な気分になっているかもしれません。

 

これを「未完了」といいます。

 

 

「先延ばし」は、
「やる」ことが前提。

 

ずっとやりきれていないと、
当初は「やりたい」だったのに、
「やらなければならない」宿題になってしまっています。

 

でも、

 

やらないでこれまで済んでいるのなら、
やらなくていいものかもしれません。

 

「やらない」選択をとってもいい。

 

すると、その未完了はたちまち完了になります。
「ねばならない」がたくさんある人生は、
自分で自分を縛るわけですから、しんどいです。

 

「やらない」ことで人に迷惑をかけないなら、
やめていいと思います。
「やりたい」ものなのか、
それとも「やらなくてはならない」と思い込んでいるものなのか、
自分に問いかけてみて、

 

素直に「やりたい」

 

と思うなら、期限をつけて実行しましょう。

 

 

私が一番最近完了した未完了は、
国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチの資格取得。

 

コーチを生業にするなら、絶対持っていたいと思い続けて
いつも頭の隅にあるのに、ずっと先送りにしてきました。

 

試験を受ける準備を考えると、とても面倒で
(やることがほんとうに多かった!)

 

ようやく重い腰を上げて、チャレンジして、
取得できたら、すーっと身軽になる感じがしました。

 

世界水準のコーチングができているお墨付きをいただけたのは
本当に嬉しかったですが、
何よりも、長年の宿題を自分の力で終わらせたことで
ものすごくやりきった感があります\(^o^)/

 

これ以上先延ばしにしていたら、
「ねばならない」に変化していったかもしれません。
やらない自分をどこかで責め続けていたと思います。

 

生きていると、決着できるものばかりではなく、
未完了も自然と増えていく。

 

意識してひとつずつ完了させていくと、
次々、向かう先がみえてくると思います。

 

重しはできるだけはずして、
宿題という足枷をなくして、

可能性が広がる空へ向けて飛んで行きたいですよね。
今日やることは今日やりとげる。

 

今日できないなら、いつやるか決めて、やる。

あるいは、やらない、と決める。

 
今月のコーチングライブは
「未完了を完了する」

 

なかなか手付けずのものが気になる方は、
ぜひご参加くださいね。

 

【コーチングライブvol.4 未完了を完了する】
https://peraichi.com/landing_pages/view/coachinglive4

 

やるのも大変だけれど、
やらないのも苦痛。
だったら、そろそろ手をつけてみませんか?

決着をつけると、グッと目標も近づきます!
ハッキリクッキリ、片付けて
軽い足取りで歩いていきたいですね。

2017. 04.11

認める場面、叱る場面など

人にメッセージを伝えるときは、
相手の人にしっかり受け止めてもらいたいですね。

 

そのために適切なのは、

 

「私」を主語にして話すこと。

 

誰でもなく、自分の意志で責任をもって伝える態度が大切です。

 

逆に、「私」以外を主語にすると・・・

 

「〇〇さんが言っていた。」
「みんなそう思っている。」

 

こうした表現は、
ネガティブ要素の高いものであれば、なおさら相手は受け入れがたく、
不快な気持ちが後を引きます。
複数の人、しかも今目の前にいない人たちがそんなふうに思っているなんて、
気落ちするのも無理はありません。

 

嫌われたくないから、
つい「自分だけじゃない、みんなもそうだ」、
と言いたくなるかもしれませんが、

 

仮に本当にそうだとしても、
伝えるときは、「自分」が主語です。
話すのは自分ですから。

 

言いにくいことほど、自分の意志であることを表明して伝える。

 

そのまっすぐな態度が、真剣さ重大さを相手に感じさせ、
改善への道へ向かわせるきっかけとなります。

 

率直に、シンプルに、より良い結果につながると願って
「私」のことばで伝えましょう。

 

 

 

★今日のCoaching Question★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Q.「私」を主語にして伝えていますか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

行動した感想・気づきをコメントでお寄せください。
お声をいただけたら嬉しいです♪

 

info@piena-coach.com まで。

 

 

追伸:

私の好きなことばのひとつは、

 

「好き」です。

 

まっすぐで、短くて、そのままのことば。

 

以前、「私のいいところはどこですか?」と訊かれた人が
「うーん・・・・・」ととても答えにくそうにしているシーンに同席していました。

 

「いいところ」というと、良い、悪い、の評価になるからかな、
と見ていて思いました。

 

そこで私はこんなふうに返しました。

 

「私があなたの好きなところはね、・・・・・」

 

あなたのことが好き、その好きなところは○○。

 

評価ではないし、
好き、は「私」が主語。
だから、誰も否定できません。
他の誰でもなく言っている本人の気持ちだから。

 

好きだと言われて、嫌な気持ちになる人もいないと思います。

 

こんなふうに、「私」を主語にすると、
自分にとっての真実を言っているので潔い感じがして、
私は気に入っています。

 

そして、
日常の中に人でも物でも「好き」を増やしていくことが
幸せな人生につながるのでは、と思っています。

 

あなたも
今日もあなたの「好き」な人と会って、あなたの「好き」なところに行って、
あなたの「好き」な時間を過ごしてみませんか?

 

そして、その気持ちを相手の人に、「私」を主語で伝えましょう。

 

「私は〇〇が好き」

 

ぜひ、口に出してみてくださいね!
自分とそのモノや人とのつながりがぐっと近くなります。

 

 

 

大事なのは「行動する」こと。

 

実践するとどんないいことがある?

 

それは・・・
した人だけにやってくるご褒美♪

 

一つの行動が次のステージへの扉につながります(^^)

 

どうぞ良い一日を(^^)/

 

コメント・感想、なんなりと♪
いただいたメールには、必ずお返事いたします。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

では、また♪

 

 

———————————————————

★まちの専門家を探せるWebガイド【マイベストプロ広島・山口】
 に登録しました。
 http://mbp-hiroshima.com/piena-coach/

 詳細プロフィールなど、よかったらご参考ください。コラムも掲載中!
 随時、コーチングの無料オリエンテーションを実施しています。
 お問い合わせは info@piena-coach.com まで。

 

★矢野紗基が講師、あるいは主催共催の参加受付中の公開セミナーです♪

 

福山でカルチャースクール講座

【経営者・リーダーのためのコーチング】

途中からでも入れます。

NHKカルチャー 福山教室

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_650881.html

 

■【広島気学カフェ】

毎月1回、ご希望があれば九星気学をお伝えしています。

http://www.piena-coach.com/blog/?p=1786

 

九星気学で生き方を学ぶ

 【使える!九星気学風水セミナー】

仕事に人間関係により良い未来を創るツール。福山開催です。

http://www.piena-coach.com/blog/?p=1791

 

■【プロコーチが教える☆セミナー講師養成講座】開催中!

必ずゴールまでサポートする充実の超実践的な講座です。

http://www.allytosaki.com/koushiyousei/

 

 

2016. 06.13

コーチングの講座では、質問が苦手、

と、言う人が多いようです。

 

 

良い答を引き出そう!とつい考えすぎて、

返ってくる答をある程度想定して質問しようとしたり、

 

こんなことを訊いたら悪いんじゃないか、と気をまわし過ぎたりして

 

そうこう考えていると、相手の話に集中できていなから

なおさら何を訊いていいのかわからなくなる・・・・。

 

 

何を訊くかは、まず話をちゃんと聴くことから。

そうして、相手の人の話し方や間もとらえながら

「?」が立つポイントを訊いていきましょう。

 

 

 

一番の質問上手は、子ども。

 

「なぜ?なぜ?」

「どうして?どうして?」

「それって何?」

 

成長する過程で、

驚くほど質問を投げかけてくる時期があります。

 

「どうして空は青いの?」

 

・・・大人はわざわざ訊かないようなことをたずねてきます。

 

こういう質問が一番ドキッとしますね。

考えさせられます。

 

 

知らないから訊く。

わからないから訊く。

ただそれだけ。

 

先回りして考えすぎず、

わからないことを素直に訊ねてみませんか?

 

シンプルでまっすぐな質問が一番相手を刺激し、

核心に触れます。

 

 

 

 

 

★今日のCoaching Question★

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Q.素直にまっすぐ訊いていますか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

行動した感想・気づきをコメントでお寄せください。

お声をいただけたら嬉しいです♪

 

info@piena-coach.com まで。

 

 

 

 

追伸:

 

 

ひとつの質問に対して、答はひとつではないのが

面白いところですね。

人によってさまざまな答が返ってきます。

 

 

へぇー、そうきたか。

すごいな、そんなことを思いつくんだ。

面白い!

 

話を聴きながら、心の中で拍手しています。

本当に面白い。

 

 

私は、自分の考えを溜めずにどんどん話す方ですが、

質問するのも好きなので、買い物先では店員さんにたくさん質問します。

すると、商品のこともお店のことも、そして自分のことも

店員さんはたくさん話してくれます。

 

タクシーの運転手さんにも質問中心で会話するので、

かなり面白い話を聴くことができます。

運転手になった背景や、これからの目標も話してくれたり、

ちょっとしたコーチングになっていることもしばしば。

 

先日は、「日本で一番のパイリンガル女性ドライバーになるのが夢」、

という素敵な女性運転手の方に出会えました。

 

また、これまでの経験をノリノリで話をされた運転手の方は、

目的地を目の前にようやく料金メーターを倒すのを忘れていたことに気づかれ、

1メーター分だけの支払いになったことも。(申し訳ない・・・)

 

質問すると、みんな自分の中の答を探しに行く。

その人だけの答えが返ってくる。

面白いですよね!

 

 

 

営業の電話も時間があるときは、ちゃんと受けて、質問をします。

 

なぜ私に電話してきたか理由をまず訊き、

目的を訊き、

どのくらいかかる話なのかを訊き、

何を期待しているか訊き、

 

マニュアルにありそうな答が返ってきたときは、

 

「あなたもそう考えていますか? あなた自身はどうですか?」

と訊くと、

少し沈黙があったあと、通り一遍だった答が変わることがあります。

 

「他のケースはないですか?」

「数字にしたら、どうなんでしょう?」

「私にとってのベストはどういう選択だと思ってますか?」

「その結果、期待できることは何ですか?」

「効果がないケースはどれくらいですか?」

「実際にそうだった確率は?」

「そのことばの意味をもう少し具体的にしていただけますか?」

 

会話の中で、内容もですが話し方からも信頼度がはかれます。

 

・・・・営業の人も大変(^_^;)

電話したことを後悔しているかもしれません。

 

私にも質問すればいいのに、と思いますが

たいてい一方的なセールストークに徹する人が多いです。

 

質問する側がハンドルを握っていることに気づけば、

展開が変わるのになぁ。

 

質問する側が場をリードしますからね。

あまり深く考えすぎず、質問者側になる選択もしてみてくださいね!

 

どんな職業の方でも、コーチングのスキルは役に立ちます。

 

 

大事なのは「行動する」こと。

 

実践するとどんないいことがある?

 

それは・・・

した人だけにやってくるご褒美♪

 

一つの行動が次のステージへの扉につながります(^^)

 

 

 

どうぞ良い一日を(^^)/

 

コメント・感想、なんなりと♪

いただいたメールには、必ずお返事いたします。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

では、また♪

 

 

 

 

———————————————————

★まちの専門家を探せるWebガイド【マイベストプロ広島・山口】

 に登録しました。

 http://mbp-hiroshima.com/piena-coach/

 

 

 

★矢野紗基が講師、あるいは主催共催の参加受付中の公開セミナーです♪

 

 

■【交渉力エッセンスセミナー<基礎編>】

こんどの土曜に開催! ご参加者に好評です!!

http://www.kokuchpro.com/event/koushou0611

 

福山でカルチャースクール講座

【経営者・リーダーのためのコーチング】

途中からでも入れます。

NHKカルチャー 福山教室

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_650881.html

 

■【広島気学カフェ】

毎月1回、ご希望があれば九星気学をお伝えしています。

http://www.piena-coach.com/blog/?p=1786

 

九星気学で生き方を学ぶ

 【使える!九星気学風水セミナー】

仕事に人間関係により良い未来を創るツール。福山開催です。

http://www.piena-coach.com/blog/?p=1791

 

■【プロコーチが教える☆セミナー講師養成講座】開催中!

必ずゴールまでサポートする充実の超実践的な講座です。

http://www.allytosaki.com/koushiyousei/

2016. 06.09
最新記事 カテゴリー アーカイブ

Archives

  • [—]2017 (8)
  • [+]2016 (4)
  • [+]2015 (84)
  • [+]2014 (157)
  • [+]2013 (101)
hoge
このページのトップへ