082-255-7210 受付時間 / 平日 9:00~18:00
executiveexecutive

BLOG

  • ピエナコーチングマスタースクールの秋クラス説明会
    スタートします。
    コーチングスキルを強みに加えませんか?

    詳細はこちらをご覧くださいね!
    https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

     

     

    さて、今日の本題。

     

    世の中の流れは、
    なんでもできる人より
    コレができる!という人を
    求める方向へ向かっています。

     

    あなたは、何が得意ですか?

     

    ・自分にとってはたいした苦労と思わないでできること

    ・無我夢中でしてしまうこと

    ・人から頼まれがちのこと

    ・いつもほめられること

    ・誰よりもたくさん経験していること

     

    これまでの自分がそのまま活かされるこうした点を
    リストアップしてみましょう。

     

     

     

    それをさらに際立たせてみませんか?

     

    仕事の上でも
    人との関わりでも
    そこに磨きをかけることで
    さらなるチャンスがやってくる可能性が開けます。

     

    自分らしく輝く一番の方法です。
    試してくださいね。

     

     

    ★今日のCoaching Question★

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    Q.得意技は何ですか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    感想・気づきをコメントでお寄せください。
    お声をいただけたら嬉しいです♪

     

    info@piena-coach.com まで。

     

     

     

    追伸:

     

    つい人と比較して
    「自分はまだまだ」と思ってしまう人がいます。

     

    もったいない。

     

    実力の差はたいしたことはないかもしれないです。
    自分の至らないところに気を取られて、
    事実を見逃していませんか?

     

    人を目標にしないで、
    自分の目標を持つ方がだんぜんいい。

     

    完璧な人はいないし、
    完璧じゃないから成長できる。
    がんばる余地があるから達成感も生まれます。

     

    もし、人と比べたいなら
    とても追いつけない尊敬できる人を持ちたいですね。
    するとグンッと成長していく意欲がが生まれます。

     

    自分の気持ちを落とす比較ではなく、
    自分を育てていける尊敬心をもった比較です。

     

    そういう尊敬できる人がいるなら、
    訊ねてみてもいいですね。

     

    あこがれの対象から、
    「あなたのここが素晴らしいよ」と言ってもらえたら
    花丸のついた強み!
    とことん磨き上げていきましょうよ!(^^)

     

    私がコーチングを続けてこられたのは、
    迷いがあったとき、尊敬する人から言われたからなんですよね。

     

    「コーチング以外に何するの?」と。

     

    君が力を発揮できるものはコーチングだよ、
    という意味がこめられていることが伝わってきました。

     

    迷いがある人は、
    ぜひあこがれの人、尊敬する人に質問してみてください。

     

    「私の強みって何だと思いますか?」と。

     

    誰に認められるより、自信につながります。

     

     

     

     

     

     

    大事なのは「行動する」こと。

     

    実践するとどんないいことがある?

     

    それは・・・
    した人だけにやってくるご褒美♪

     

    一つの行動が次のステージへの扉につながります(^^)

     

    どうぞ素敵な一日を(^^)/

     

     

    コメント・感想、なんなりと♪
    いただいたメールには、必ずお返事いたします。
    info@piena-coach.com

     

    最後までお読みくださり、ありがとうございました。

     

     

    では、また♪

     

    矢野紗基

     

     

    ★メルマガ【1分間☆エグゼクティブコーチング】配信中!

     

    目標達成に向けたあなたの行動を応援する無料のメールマガジンです。

    登録はこちらをクリック↓
    https://www.piena-coach.com/executive-coach/

     

     

    ————————————–

    ■【ICF(国際コーチ連盟)コア・コンピテンシー勉強会】8/27開催
    「世界基準」を意識したエクササイズ中心のコーチング勉強会です。
    8月のテーマは、「計画とゴール設定」「進捗と説明責任の管理」。

     

    詳細とお申し込みはこちら♪
    https://www.piena-coach.com/info/2866/

     

     

    ■たった半日でまるわかり!
    【コーチング入門1day講座(スクール説明会付き)】9/8開催
    ギュッとコンパクトにフルでお伝えします。
    早期割引あります。お早めに。

     

    詳細とお申し込みはこちら♪
    https://www.piena-coach.com/info/2866/

     

     

    ■【ピエナコーチングマスタースクールの秋クラス説明会】
    ショートセミナー付き説明会と無料の個別説明会からお選びください。
    個別説明会はオンラインでもOKです。

     

    詳細はこちらをご覧くださいね!
    https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

     

     

    ————————————–

    ピエナコーチングプロジェクト 代表 矢野紗基
    エグゼクティブライフコーチ
    (国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ)

    ★E-MAIL : info@piena-coach.com
    ★公式HP : https://www.piena-coach.com

     

    ※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
    出所を明記していただけると嬉しいです。

    2019/08/21 | Posted in
  • ストレス、というと
    悪いもののように思われがちですが、

     

    大雑把に言うと、
    外からの刺激はすべてストレス。

     

    例えば、
    暑い、寒い、といった感覚もそう。

     

    嬉しいこと、感動すること、
    プラスに働きかけることもストレスです。

     

    正確には、
    こうしたストレスを引き起こす原因を「ストレッサー」といいます。

     

    ストレッサーに対する反応が「ストレス反応」。
    うまく適応できないと、「ストレス障害」となっていろんな症状が出るわけです。

     

    現代はストレッサーが異常に多いですよね。
    社会構造も複雑で、雇用形態も多様化しすぎている。
    心身に影響を及ぼす環境要因があまりに多いと思います。

     

    刺激が少ないと、ストレスも少ないわけですが、
    刺激から逃げるだけになってしまうと
    ・・・・成長もしないです。

     

    例え、職場の人間関係が好ましくなくても、
    家族や友人と素直に向き合える関係ができていれば
    ストレス障害を回避できる可能性はグッと高くなります。

     

    愛で結ばれた人たちは、
    互いの些細な変化を見逃さず、会話を通して思いやることができます。

     

    逃げない
    戦わない

     

    疲れたら、
    愛情で結ばれている人に話してみる。

     

     

    今の自分を認めて、
    不安より期待を持てる方向の刺激を選んで
    少しずつ歩いていきたいですね。

     

    少しくらい休んでも、大丈夫。

     

    自分に喜びを与えてくれる良いストレスを見つけたら、
    それは成長の兆し。
    超えることで世界がまた広がります。
    半歩ずつでも歩いていけたらいいですね。

     

    未来が楽しみです。

     

    ★今日のCoaching Question★

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    Q.良いストレスは何ですか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    感想・気づきをコメントでお寄せください。
    お声をいただけたら嬉しいです♪

     

    info@piena-coach.com まで。

     

     

     

    追伸:

    ストレス障害の極端な一例が、ひきこもり。

     

    いったんこもってしまうと、外に出るきかっけを失う人が多いのです。

     

     

    今年3月に内閣府は、40歳から64歳の中高年のひきこもりが
    推定61.3万人だと発表しました。

     

    衝撃的なニュースでしたね。

     

    退職、職場の人間関係などが主な原因だと報じられていました。

     

    私は、4年ほど精神科の病院で主にストレス関連の業務をしていました。
    ちょうど自殺者が3万人を超えたことが話題になりはじめていたころで、
    中四国初のストレスドックを医師とともに立ち上げ、
    休職者が増大した学校の共済組合と連携したこともあります。

     

    そのときから、主な原因は「職場の人間関係」でした。

     

    ひきこもりについてはこちらがわかりやすいと思います。
    興味ある方はご参考くださいね。

     

    https://www3.nhk.or.jp/news/special/hikikomori/?tab=1

     

    80代の親が50代のひきこもった子どもの面倒をみている。
    想像したくない現実です。

     

    元々は心身ともに健康であった大人が
    社会環境に適応できず、部屋から出られなくなる。
    自分を無価値だと思ってしまったのが主な原因だと思います。

     

    無価値な人なんていない。

     

    それを日頃、きちんと伝えてあげる人いて、
    それを本人が素直に受け止めれていたら、
    小さな部屋に閉じこもらないで済んだかもしれない。

     

    原因なんて、ほんの水の一滴程度のことから
    はじまるのではないかと思うのです。

     

    土が雨で緩くなり、地盤がもろくなっていき
    大きな衝撃で崩れていきます。
    じわじわと自信喪失につながる日々を送っていると
    滑り落ちて、上がるのが困難になります。

     

    本来は
    どんなストレッサーにも、うまく対応できると思うのです。

     

    原爆で街を失った広島も今では緑が美しい人口約120万人の政令指定都市になりました。
    震災で壊滅的な打撃を受けたいくつかの町も同様です。
    人々は、生きる希望を強く持ち、町が蘇えることを信じていたから。

     

    幸せに向かうように私たちはできている。

     

    それが損なわれるのは、
    自分の価値を信じられなくなることにあります。

     

    大きな成果を上げられる人は、
    自分の価値を最大限信じていて、肯定しています。

     

    これが人生最大化するコツ。

     

    逆に、
    自分を無価値だと思えば、どんなに有能でも役に立たなくなります。
    技術も能力も関係ないです。

     

    自分で自分をほめる、というのは簡単なようで難しい。

     

    やはり、自分以外の人に認められることで
    自分を認めることができます。

     

    支え合い、認め合うこと。

     

    それが日常できていれば、
    外界を遮断して逃げ込むはずはない、と私は思います。

     

    日常を取り戻すのに引きこもった倍の年月を必要とするかもしれません。

     

    30年間ひきこもった人を外に出そうとするなら、
    数年はかかって不思議ではないと思います。

     

     

    これが現実。今の日本に生きている人の現状です。

     

    こんな時代に生きていることもわかった上で、
    自分がどうこれから先を生きるのか
    考えていくことが大切ですね。

     

    未来を明るく捉える力と
    現状をしっかり見る力

     

    どちらも私たちが自分らしく生きる選択に必要なものです。

     

    今日は、問題に目を向ける内容になりましたが、
    必ず解決に向かう手立てはあります。

     

    まずは自分の愛する人たちに認めることばがけをすることから。

     

     

     

     

    大事なのは「行動する」こと。

     

    実践するとどんないいことがある?

     

    それは・・・
    した人だけにやってくるご褒美♪

     

    一つの行動が次のステージへの扉につながります(^^)

     

    どうぞ良い一日を(^^)/

     

    コメント・感想、なんなりと♪
    いただいたメールには、必ずお返事いたします。

     

    最後までお読みくださり、ありがとうございました。

     

    では、また♪

     

    矢野紗基

     

     

     

    ★メルマガ【1分間☆エグゼクティブコーチング】配信中!

     

    目標達成に向けたあなたの行動を応援する無料のメールマガジンです。

    登録はこちらをクリック↓
    https://www.piena-coach.com/executive-coach/

     

    ———————————————————

    ■コーチングを3ヶ月で自分のものに!
    【ピエナコーチングマスタースクール説明会】

     

    セミナー体験付きのリアルな説明会と
    個別の無料説明会(対面orオンライン)
    ご都合に合わせてご参加になれます。

     

    詳細はこちら♪
    https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

     

     

    ■ 【リーダー向けコーチング講座はじまります】

     

    NHK文化センター広島教室で「経営者・リーダーのためのコーチング」講座を
    スタートします。
    初回は7月11日。月2回の10回講座です。
    基本を学びたい方におすすめします。

     

    詳細・お申込みは直接NHK広島教室へお願いします。
    https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1177588.html

     

    ■【ICF(国際コーチ連盟)コア・コンピテンシー勉強会】7/23開催
    「世界基準」を意識したエクササイズ中心のコーチング勉強会です。
    7月のテーマは、「計画とゴール設定」。

    詳細はこちら♪
    https://www.piena-coach.com/info/2856/

     

     

    ———————————————————
    ピエナコーチングプロジェクト 代表 矢野紗基
    エグゼクティブライフコーチ
    (国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ)

    ★E-MAIL : info@piena-coach.com
    ★公式HP : https://www.piena-coach.com

     

    ※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
    出所を明記していただけると嬉しいです。

    2019/07/04 | Posted in
  • 強みを活かす、とよく言いますが、
    弱みはどうしたらいいでしょう?

     

    まずひとつは、

     

    自分が思っている弱みは、
    他の人からはどう見えるか、訊ねてみてもいいと思います。

     

    案外、それがあなたらしい魅力として
    受け入れられているかもしれません。

     

    完璧に思える人より、
    どこか欠けているところがあるくらいが
    親しみやすく、周りからサポートをもらえる
    こともありますよね。

     

    また、本当に「これはマズイ!」と思える弱み、
    これについては・・・

     

     

    行動レベルで自分をどう変えるかを考えてみませんか?

     

    自分を「ダメな人間」ではなく
    「ダメの行動を起こす」ことがある、と捉えれば、
    人間性まで変えようとしなくても
    行動を変えるだけで大丈夫。

     

    行動を変えると、
    考え方やあり方に影響を与えることにも
    つながります。

     

    行動とあり方、
    どちらも相互に影響を与え合いますから、

     

    好ましくない行動は
    好ましい行動にチェンジしていきましょう。

     

    そして、少々の弱みだと思われるものも
    自分にダメ出しをするのではなく、
    手放さないで、「自分らしさ」として携えていくことも考えて
    目標に向かっていきませんか?

     

     

    ★今日のCoaching Question★

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    Q.あなたが弱みだと思っているものは何ですか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    感想・気づきをコメントでお寄せください。
    お声をいただけたら嬉しいです♪

     

    info@piena-coach.com まで。

     

     

     

    追伸:

     

    「矢野さんが成果を出せたのは、女だからですよ」

     

    入社後、誰からも引き継ぎがなく
    新規開拓営業だけでがんばってきて、
    退社するにあたって自分のお客様をどう引き継ぐか、
    会社の役員と話していたときに、
    言われました。

     

    返すことばもないですよね。

     

    どうせ辞めるんだから、ここで何か言っても意味がない。

    そう思って、黙っていました。

     

    念のため、お伝えすると
    私を知っている人はおわかりだと思いますが、
    私は女性をウリにするような関わりは一切しない、
    むしろそうした仕事の仕方に嫌悪感を持つ人間でした。
    「男前だよね」と言われることもしばしば(笑)

     

    私の心の声は
    「なら営業は全部女性にすりゃいいじゃん」

     

    ちなみに私以外は全員男性でした。
    ルート営業で食べつないでいるような人がほとんど。

     

    もちろん口には出さなかったですよ。
    ケンカ売るだけになるから(笑)

     

    成果を出せた一番の理由が「女性だから」なら、
    私は女性であることが強みになる。

     

    けれど、

     

    こんなふうに見下すような言われ方をするのは
    女性であることは弱みじゃないか?

     

    冷静に考えて・・・・

     

    事実と解釈で整理すると、

     

    私は「成果」と言われるほどの成績を上げて、新しい顧客を作ってきた。
    これは事実。

     

    その理由が「女性だから」お客様が私に発注した。
    これは、解釈。お客様からそのような声は一切出ていないから。

     

    しかしながら、
    私という人間を構成する要素として
    「女性である」ことははずせない事実。

     

    だとしたら、選ばれる「強み」として
    「女性である自分」を磨くのは良いことだ。
    と思いました。

     

    あまりにくやしくて、
    自分の中でそんな落としどころを作ったのでした^^;

     

    思うに・・・

     

    強みも弱みも人の目についてこそ浮き彫りになるのだから、
    恐れず自分らしさでまずは勝負してみることが
    大切なのではないでしょうか。

     

    このメルマガを読まれている方の中には、
    女性リーダーの方が多くいらっしゃいます。

     

    誰かのひと言に傷つき、気持ちを落としても
    翌日には笑顔で職場に行く。
    責任感をやりがいに変えて、やるべきことをやっていく。

     

    そうした方が一人や二人ではなく、
    ほんとに複数の方から私はメールをいただいています。
    最近とみに増えました。

     

    これからは、
    受け入れられる女性リーダー像について、
    考えを深めていく機会がさらに増えていくと思います。
    女性も男性もですね。

     

    これまでの歴史が積み上げてきた
    私たちの無意識の固定観念に気づき、
    その上で自分らしさと向き合って、
    どう成長していくかを考えていくことが必要なのではないかと
    私は思います。

     

    男性が女性に期待してること
    女性が男性に期待していること

     

    そこはリーダーとしてのあり方への要求に
    かなり影響を与えているんじゃないでしょうか。

     

    お互いに思いやって支え合える環境を
    どうしたら作れるか、
    本気で考えてからでないと、
    どんな制度も当人にとっては、
    さらなる足かせになるのではないかと思います。

     

    「女性を活かす」「女性が活きる」とは
    どういう状態を言うのでしょう?

     

    ちょっと冒頭の話とはズレましたが、

     

    ご感想もいただけたら嬉しいです。

     

     

     

     

    大事なのは「行動する」こと。

     

    実践するとどんないいことがある?

     

    それは・・・
    した人だけにやってくるご褒美♪

     

    一つの行動が次のステージへの扉につながります(^^)

     

     

     

     

    どうぞ良い一日を(^^)/

     

    コメント・感想、なんなりと♪
    いただいたメールには、必ずお返事いたします。
    info@piena-coach.com

     

    最後までお読みくださり、ありがとうございました。

     

     

    では、また♪

     

     

    エグゼクティブライフコーチ

    矢野紗基

     

     

    ★メルマガ【1分間☆エグゼクティブコーチング】配信中!

     

    目標達成に向けたあなたの行動を応援する無料のメールマガジンです。

    登録はこちらをクリック↓
    https://www.piena-coach.com/executive-coach/

     

    ———————————————————

    ■コーチングを3ヶ月で自分のものに!
    【ピエナコーチングマスタースクール説明会】

     

    セミナー体験付きのリアルな説明会と
    個別の無料説明会(対面orオンライン)
    ご都合に合わせてご参加になれます。

     

    詳細はこちら♪
    https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

     

    ———————————————————
    ピエナコーチングプロジェクト 代表 矢野紗基
    エグゼクティブライフコーチ
    (国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ)

    ★E-MAIL : info@piena-coach.com
    ★公式HP : https://www.piena-coach.com

     

    ※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
    出所を明記していただけると嬉しいです。

    2019/06/07 | Posted in
  • 連休明けての慌ただしさ、そろそろ一区切り着かれたでしょうか?
    あれもこれもと抱えていると、息苦しくなってきますね。

     

    とかく、すべてを引き受けるのが当然、と思いがちです。

     

    ・ひっきりなしにかかってくる電話
    ・部下からのつまらない不平不満
    ・領域を越えて押しつけられる仕事
    ・業務時間外の対応
    など

     

    これらが労働時間を長引かせたり、
    本当にやりたい仕事から遠ざけている原因になっていませんか?

     

    とてもシンプルな解決方法があります。

     

    「NO!」を言うこと。

     

     

    このことばを言う選択肢があなたにはあります。
    我慢するのをやめましょう!

     

    それはムリ!と思われますか?

     

    想像してみてください。
    この状態がいつまで続くかを。

     

    本来目指したい目標がいつまでたっても近づかず、
    目の前のことに翻弄されて、疲れ果てていく姿が見えていませんか?

     

    おそらく
    誰もこの状態を変えてくれない。

     

    けれど・・・・自分で変えられますよ。大丈夫!

     

    例えば・・・

     

    ・ひっきりなしの電話
    → 自分以外の人に取らせる。あるいは、時間ごとに当番制にする。

     

    ・部下の不平不満
    →改善案とセットでない限りは受け付けないと宣言する。

     

    他にも方法はあります。
    とにかく、線を引きましょう。やらない、と決める。

     

    境界線を適切に引くと
    気分スッキリ!
    驚くほどに自由に自分らしく成果をあげていけます。

     

     

     

    ★今日のCoaching Question★

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    Q.何に我慢していますか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

     

     

    追伸:

     

    ほとんどの場合、
    NOを言えないのは、関係性を考えるからです。

     

    だから、
    境界線を引くには、勇気がいります。

     

    それだけに、
    その決断をして、実行するだけで、
    精神的にも成長すると、私は思います。

     

    境界線を引くには、ステップがあるので、
    紹介しますね。

     

     

    【境界線をひく5つのステップ】

     

    ステップ1
    その言動をしないでほしいと伝える。

     

    ステップ2
    その行為が私にとってどういうものかを伝えて、
    すぐにやめて欲しいとお願いをする。

     

    ステップ3
    どうしてほしいのか代案を伝える。

     

    ステップ4
    それでも協力を得られなければ、強くリクエストする。

     

    ステップ5
    それでも聞き入れてくれなければ、離れる。

     

     

    状況によって、必ずしもステッブ1から入らなくてもいいです。

     

    私は以前、上司に対してステップ5を取りました。

     

    ご本人に悪気があってのことじゃなかったので、
    「やめてください」と言えなかったからです。

     

    相手が納得しそうな
    もっともらしい理由を立てて離れることを選びました。

     

    それは、こんな状況です。

     

    私は、上司からたびたび呼ばれてアイデアを聞かされたり、話し相手になっていました。
    それ自体はとても有り難いことなのですが、
    当然のことながら、呼ばれるたびに仕事が中断します。

     

    それは、仕事だけでなく休憩時間にまで及んでいました。

     

    その上司は、皆の昼休憩より先に食事を済ませる人だったので、
    お昼に私が自分の席で食べているときに、向かいの席に座って
    仕事の話をするのです。
    食事中の私に視線を向けて、延々と話されます。

     

    食事しながら、ひたすら話す上司の相手は結構つらい。
    それが毎日です。

     

    NOを言えなかったんですよね。

     

    せっかく私に話したいと思って話してくれているんだから、
    聴かないと失礼だと思っていました。
    経営トップの方に、それだけ信頼されているのは有り難いことです。

     

    でも、私の身体は正直でした。
    食事が喉を通るたびに、胸に痛みを感じ始めました。

     

    ・・・・食道潰瘍になってしまったんです^^;

     

    お医者様が
    「珍しいね。胃じゃなくて食道に潰瘍ができるのはまれだよ」と。

     

    さすがに、
    「私の昼休憩をとりもどそう!」と決意。

     

    とはいえ、
    あなたのせいで食道潰瘍になりました、とは言えないですよね^^;

     

    なので、考えた。

     

    お昼ごはんは、お昼ごはんを食べる場所で食べることにしよう!と。

     

    「すみません。今日からお昼は持ってこれなくなったので食堂に行くことにしました」
    と、上司に言いました。

     

    考えてみれば、当たり前のこと。
    食事を食事する場所で摂るだけのこと。

     

    こうして私は、上司を不快にさせることなく
    自分の自由なお昼休憩を獲得したのでした。

     

    私なりの線の引き方でした。

     

    たったそれくらいのこと、だと思われるかもしれないですが、
    ずいぶん葛藤したんです。

     

    この経験で、
    いくらでも嫌なものや人から遠ざかる方法ってあるんじゃないかと
    思うようになりました。

     

    ちゃんと決めて、きちんと線を引くことは
    決して「逃げ」ではないと思います。

     

    我慢して、被害者意識を深めていく方が不健全。
    結果的に何も良いことが起きません。

     

    悩みから解放され
    自由になって
    自分らしくふるまえるようになる方がみんなが幸せ。

     

    私は、どんなことに対しても
    境界線を引く方法があると思っています。

     

    戦うことなく、逃げることもなく、
    「エレガントに適切な線を引く」。
    コーチングを学んでいたときに教えてもらった
    印象に残ることばです。

     

    素晴らしく大人の対応ですよね。

     

    その当時、コーチングを受けていて整理していけたのが
    うまく線を引けた理由のひとつです。

     

    渦中にいると、自分を見失います。
    うまく線を引けないな、と思ったときは
    誰か客観的に応援してくれる人を頼って話してみてくださいね。
    きっと最善の方法を見いだせます。

     

    どうか、身体や精神のバランスを崩すほど
    がんばりすぎないで。

     

    これから緑も太陽もさらに輝く季節がやってきます。

     

    あなたも自分らしく輝いてご活躍くださいね!

     

     

     

     

    大事なのは「行動する」こと。

     

    実践するとどんないいことがある?

     

    それは・・・
    した人だけにやってくるご褒美♪

     

    一つの行動が次のステージへの扉につながります(^^)

     

    どうぞ良い一日を(^^)/

     

    コメント・感想、なんなりと♪
    いただいたメールには、必ずお返事いたします。
    info@piena-coach.com

     

    最後までお読みくださり、ありがとうございました。

    では、また♪

     

    矢野紗基

     

     

    ★メルマガ【1分間☆エグゼクティブコーチング】配信中!

    目標達成に向けたあなたの行動を応援する無料のメールマガジンです。

    登録はこちらをクリック↓

    経営者・リーダー向けメルマガ【1分間エグゼクティブコーチング】

     

    2019/05/15 | Posted in
  • 私たちはいつも自分と対話しています。

     

    「何時に家を出たら間に合うだろうか?」
    「お昼に何を食べようか?」
    「どんなふうに伝えたらいいだろう?」
    「どこから手をつけようか?」
    「明日は何を着ていこう?」

     

     

     

    こんなふうに具体的なことばになってはいませんが、
    答が出るということは、その前に問いが存在しています。

     

    こうしたセルフトークが1日に2万回以上も行われているそうです。
    日常レベルのことならそれほど思い悩むこともなく
    スルスルと答が出ていますね。

     

    では、

     

    もっと本当に知りたいことを、意識して自分に質問してみましょう。

     

    今、あなたが

    望んでいること、欲していること、
    解決したいこと、悩んでいること
    は何ですか?

     

    それを質問の形にします。できる限りいろんな質問に。

     

    例えば、

     

    リーダーシップ力を高めたい、と思っているのなら・・・・

     

    ・どんなリーダーになりたいのだろう?
    ・これまでに一番尊敬できるリーダーは誰だっただろう?
    ・その人はどんな特徴を持っているだろう?
    ・その人に近づくために、自分にできることは何だろう?
    ・もし仮に、理想のリーダーになれたなら、今と何が違っているだろう?

     

    答より問いを考えます。

     

    質問のレパートリーも増えていき、
    答の質も上がります!

     

    これがセルフコーチング。

     

     

    ★秘訣3★
    答探しの前に質問をつくる。

     

     

    ★今日のCoaching Question★

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    Q.そのことを解決するために、どんな質問をつくりますか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

     

     

    追伸:

     

    答、欲しいですよね。

     

    でも残念ながら、普遍的に正しい答はありません。

     

    環境によって、
    時代によって、
    さまざまな条件のもとで

     

    答は変化します。

     

    だから、組織では、
    答より問いを共有する方がいいですね。

     

    そのときの最善の答を皆で出すのがベストです。

     

    個人も同じ。

     

    私は同じ問いを時折自分に投げかけます。

    ノートに答を書いていますが、
    答はいつも変わります。

     

    自分も環境も変化しているから
    同じはずはありません。

     

    私の問いは結構哲学的なもので

     

    ・私は何者だろうか?
    ・私はどこに行こうとしているのだろうか?
    ・私は世の中の何に貢献したいのだろうか?

     

    といった感じ。

     

    どう答えるかは自分の自由。

     

     

    答を固定するよりも、
    問い続けることが大事なんだと思っています。

     

    あなたは、どんな問いを自分に投げかけますか?
    よかったら、教えてくださいね。

     

    大事なのは「行動する」こと。

     

    実践するとどんないいことがある?

     

    それは・・・
    した人だけにやってくるご褒美♪

     

    一つの行動が次のステージへの扉につながります(^^)

     

     

    どうぞ良い一日を(^^)/

    コメント・感想、なんなりと♪
    いただいたメールには、必ずお返事いたします。
    info@piena-coach.com

     

    最後までお読みくださり、ありがとうございました。

     

    では、また♪

     

    矢野紗基

     


     

    ■春開講!スクール説明会に参加しませんか?
     【ピエナコーチングマスタースクール個別説明会】

     

    変化の多い時代、コーチングスキルは強い味方になります。
    部下指導や顧客対応、日頃の人間関係にも使える活きるスキル。
    4月はじまりのベーシッククラス開講に向けて、説明会を開催します。

     

    詳細とお申込はこちらから♪
    ご参加難しい方はオンライン説明会も同時受付中!

     

    https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

     

     

    ■裏家業で(笑)社会運勢学やってます
     【はじめての九星気学風水】 NHK福山文化センター講座

     

    起業直後から東洋哲学の英知、九星気学を教えています。
    自力を立ち上げることを説いた孔子の哲学を、
    生き方のヒントにしていただけると嬉しいです。
    岡山や三原・尾道からもご参加いただいています。

     

    https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1157292.html

     

     

    ———————————————————
    ピエナコーチングプロジェクト 代表 矢野紗基
    (国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ)

    ★E-MAIL : info@piena-coach.com
    ★公式HP : https://www.piena-coach.com


     

    ※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
    出所を明記していただけると嬉しいです。

    2019/03/25 | Posted in
  • あなたは、自分を率直な人だと思いますか?

     

    ふだんの生活の中では、あまり「率直」ということばは使わないですね。
    広辞苑で意味を調べてみました。

    「(言動などが)飾ったり隠しだてしたりするところがなく、
    思っているありのままであるようす」

     

    類義語として
    「素直」「単刀直入」「フランク」。

     

    なんとなくイメージができますね。

     

    国際コーチ連盟では、
    コーチは「率直なコミュニケーション」のとれる能力が必要だ
    と言っています。
    ここでは、「効果的に意思を伝え、クライアントに最も肯定的な影響を
    与える言葉を使う能力」と説明しています。

     

    私は、コーチに限らず、世の中の人がみんなそうなるといいな、
    と思っています。

     

    どちらか一方が優位に立ったり、
    「私さえ我慢すれば」というような被害者的な気持ちになるのは
    とても窮屈で、しんどい。。。

     

    自分のことばや行動に責任をもつこと。
    そして、素直でいること。

    相手への思いやりと、あるがままを認める気持ちとともにわかりやすく伝える力。

    まっすぐに向き合った状態は理想ですよね。

     

     

    例えば、

     

    営業の場面で、

    お客様と対峙するようなことがあっても、
    持ち上げたりへりくだりもせず、
    また自分を主張したり相手を攻撃するのではなく、
    事実を丁寧に話し、自分がどう感じているのかを真剣に伝え、
    どうなることを望んでいるのか、を正直に話したり訊ねたりすると
    問題解決の糸口が見え、より良い関係性の構築に役立つと思います。

     

     

    部下に対しても

    自分からどんなふうに見えているか、
    それについてどう感じているのか、
    本当はどうあって欲しいのか、
    ということを「事実」として「私」を主語にして話すと
    しっかり伝わります。
    こんなふうに・・・

     

    ・私はあなたの行動に熱意を感じます。
    ・私はあなたが力を出し惜しみしているようで残念です。
    ・私はあなたを見ていると、不安です。
    ・私はあなたから不満や愚痴ではなく、建設的なアイデアを聞きたい。

     

    冷静に淡々と、がいいですね。
    感情的にならない方が一層気持ちが伝わると思いますよ。

     

    自分以外の人や環境を理由に持ち出したりせず、
    伝える本人の意思であることが伝わるのが大切なところ。

     

    あなたの姿勢が伝わって、
    「嘘がない」「信用できる」「この人だったら大丈夫!」と
    きっと感じてもらえます。

     

    率直さで結ばれた関係は、
    しっかりとした信頼関係を育み、互いが成長します。

     

     

    ★今日のCoaching Question★

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    Q.あなたは率直な人ですか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    感想・気づきをコメントでお寄せください。
    お声をいただけたら嬉しいです♪

     

    info@piena-coach.com まで。

     

     

    追伸:

     

    私が尊敬するコーチは、
    本当に率直で、まっすぐにいつもフィードバックして
    くれました。

     

    コーチングのフィードバックは、
    目標に対しての現在地を指摘すること。

     

    それが本当に鮮やかで、
    ときにはそのダイレクトさに胸が痛むこともあったけれど、
    本当のことを客観的に伝えてくれるのはコーチくらいなものです。

     

    親も友達も、冷静に教えてはくれません。
    愛情があるがゆえの優しさから厳しく言わないし、
    関係性が崩れるのも怖いから、どこか遠慮がちだったり。

     

    私はこのコーチの率直さに今もあこがれています。
    こういうお手本になる人と出会えて幸せだなぁ、としみじみ。
    当時のセッションノートをときどき出しては
    あの場を思い出し、励みにしています。

     

    私もその影響を受け、
    率直なメッセージはかなり発してきました。

     

    ハッキリ伝えるのって、気持ちいいです!
    期待を込めて本心を伝えるので、
    言いながらも自分も心が震えます。
    それくらい本気。

    だから、伝わらないわけないと、信じ込んでいます(笑)
    いい信じ込みですよね。

     

    率直の反対語は、「誤魔化し」でしょうか。

     

    「誤魔化し」はむなしいです。
    あり方としてはお粗末なので
    自分自身を尊敬できなくなる気がします。

     

    とにかく、
    あれこれ考えすぎず、
    シンプルに率直に人と関わっていくのは快適。

     

    自分のコミュニケーションに合った人が
    周りにいてくれるようになりますから、
    人間関係が本当に楽になります。

     

    何事もまずは自分から。

     

    ハッキリ、クッキリ、スッキリ、でいきませんか?

     

     

     

     

    大事なのは「行動する」こと。

     

    実践するとどんないいことがある?

     

    それは・・・
    した人だけにやってくるご褒美♪

    一つの行動が次のステージへの扉につながります(^^)

     

    どうぞ良い一日を(^^)/

     

    コメント・感想、なんなりと♪
    いただいたメールには、必ずお返事いたします。
    info@piena-coach.com

     

    最後までお読みくださり、ありがとうございました。

     

    では、また♪

     

    矢野紗基

     

    ———————————————————

    ■春開講!スクール説明会に参加しませんか?
     【ピエナコーチングマスタースクール説明会】3/10・21・31

     

    変化の多い時代、コーチングスキルは強い味方になります。
    部下指導や顧客対応、日頃の人間関係にも使える活きるスキル。
    4月はじまりのベーシッククラス開講に向けて、説明会を開催します。

     

    詳細と日程の確認、お申込はこちらから♪
    締切は各開催日の8日前なので、お早めにお申し込みください。
    https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

     

     

    ———————————————————
    ピエナコーチングプロジェクト 代表 矢野紗基
    (国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ)

    ★E-MAIL : info@piena-coach.com
    ★公式HP : https://www.piena-coach.com

    ———————————————————

    2019/03/01 | Posted in
  • 批判的な態度を取られたり、
    感情的なことばを投げかけられたとき、
    あなたは、どんな反応をしますか?
    思わず、腹が立って表情や言葉がキツくなることも・・・ありますよね。
     

     
    売り言葉に買い言葉、なんてこともあるかもしれません(^_^;)
     
    相手の感情に巻き込まれたら最後、
    建設的な展開はまず見込めない。
     
    ICF(国際コーチ連盟)は、コーチの能力水準として
    次のようなことを求めています。
     
    「強い感情を扱う際にも確信をもって対処し、自己管理ができ、
    クライアントの感情に圧倒されたり絡めとられたりしない」
     
    なかなか難しいことですが、
    その場で何が起きているのかを俯瞰して見る力が必要です。
     
    でないと、険悪なムードが深まり、
    関係性は悪化するばかり。
     
    ほとんどがその本人の受け止め方の問題です。
    こちらとしては、「反応する」のではなく、
    冷静に「対応する」ことを意識してみましょう。
     
    「起きていることは何なんだろう?」
    と、自分に質問してみてください。
    スーッと、客観的になれます。
     
    次に、
    「この人は何を望んでいるんだろう?」
     
    心の中で質問していくと、
    とるべき自分のあり方を決めることができます。
    戦わなくても逃げなくても大丈夫。
    軽く深呼吸して、
    背筋を正して、起きている事実を眺めましょう。
     
    ★今日のCoaching Question★
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Q.相手の感情に巻き込まれていないだろうか?
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    感想・気づきをコメントでお寄せください。
    お声をいただけたら嬉しいです♪
    info@piena-coach.com まで。
     
     
     
    追伸:
     
    コーチングを学んで、私はずいぶん大人になりました(笑)
     
    戦うことがなくなった。
    批判されると葛藤はするけれど、
    相手がどんな感情を持って接してこようと
    スーッと気持ちを落ち着けて、取るべき態度を
    自分の意志で選択できるようになりました。
     
    リーダーシップをふるう役目になると、
    みんながみんな好意的なわけもなく、
    批判されることもありますよね。
     
    コーチとしてのあり方が身に着くと、とても楽になる。
     
    本当の意味で自分を大切に扱えるようになり、
    自由にふるまえるようになります。
     
    この状況をICFのコア・コンピテンシーでは
    「開放的で柔軟で自信に溢れる態度」と言っています。
     
    かっこいいですよね!
    初めて読んだとき、そんなふうになりたいな!!と
    ものすごくあこがれました(*^_^*)
     

     
    単に良好なコミュニケーションを身に付けるだけでなく、
    自分を成長させる学びに、コーチングは絶対いいです!
     
    私のコーチングスクールでは、
    コーチングができるようになるのはもちろん、
    コーチ型リーダーになる基本を鍛えていきます。
     
    その場の感情に左右されず、
    自分を大切にしながら、相手の成長につながるコミュニケーション力
    身に付けませんか?
     

     
    詳細は説明会でお話しします。
    ショートセミナーも織り込みますから、
    セミナー参加目的でもOKです!この機会にぜひ。
    コーチングをよく知らない方にはかなり役立つ内容です。
     
    日程は11月に5回用意していますから、
    ご都合に合わせてお選びくださいね。
     
    ●ピエナコーチングマスタースクール
     ショートセミナー付き説明会
     
    開催日時:
    ①11月4日(日)17:00~19:30  締切10/27
    ②11月11日(日)17:00~19:30  締切11/3
    ③11月14日(水)18:45~21:15  締切11/6
    ④11月20日(火)18:45~21:15  締切11/12
    ⑤11月24日(土)14:00~16:30  締切11/16
     
    開催会場:合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市中区袋町6-36)
     
    参 加 料 :3500円
     
    お申込み:以下のフォームからどうぞ。折り返しご案内をいたします。
    https://ssl.form-mailer.jp/fms/d6016ca7486733
     
     
    大事なのは「行動する」こと。
    実践するとどんないいことがある?
    それは・・・
    した人だけにやってくるご褒美♪
    一つの行動が次のステージへの扉につながります(^^)
     
     
     
    ———————————————————
    ■【ICF(国際コーチ連盟)コア・コンピテンシー勉強会】
    「世界基準」を意識したエクササイズ中心のコーチング勉強会です。
    11月のテーマは、「積極的傾聴」。
    詳細はこちら♪
    https://www.piena-coach.com/blog/?p=2613
     
    ■【ピエナコーチングマスタースクール】
    次回は12月スタートです。気になる方はいつでもお問合せください。
    日常のコミュニケーションから国際資格取得を目指す方まで
    目的に応じてステップバイステップで学べます。
    内容の詳細はこちら♪
    https://peraichi.com/landing_pages/view/pcms

  • 起業して悩んだことにひとつに
    「金額設定」がありませんか?
     
     
    私も悩みました。自分のコーチングにいくら払ってもらうか・・・
     

     
     
    形のないものを商品にしていると、
    自分自身の実力に値段を付けることとイコールだと思いました。
    だから、ものすごく躊躇した。
     
     
    自分の技量でサービスをする人は
    同様の迷いを持たれていると思います。
     
     
    私は、ひとつだけ決めていたことがあります。
     
     
    「無料」にしない。
     
     
     
    例外としては、過去2度ほど、1か月に50人の方を無料でコーチングしたことがあります。
    これは、自分の精度を上げるための挑戦として、
    短期間にたくさんコーチングしたいという願望を優先したから。
    通常のコーチングでは、オリエンテーション以外はまずしないです。
     
     
    価値が無いものを人に提供するのは、失礼だと思うから。
     
     
    17年前、一番初めは、お世話になっている方2人に相談して、1か月1万円で受けていただきました。
    ものすごくがんばった!けど・・・今思えば、ちっともコーチングになっていなかった(^_^;)
    遠慮して踏み込めないし、向こうも気を使っていて・・・。
    私は習ったスキルをなんとか使っている状態で・・・
    いただいたお金は奨励金みたいな感じですね。今にして思えば。
     
     
    それから後、セミナーするごとにクライアントさんが2名ずつくらい増えていき、
     
    経験が増え、実力がつくにつれコーチ料も上げさせていただき、
    今、自分なりの適正価格でいるつもりです。
    巷の料金設定と比べるとちょっと安いですけれど(^_^;)
     
     
    やはり、このあたり、まだ私にも迷いがありますね。
    ときどき倍にしてもいいのかなぁ、とも思ったり。。。
     
     
    あまり経験がなくても、高額でコーチングしている人がいますが、
    よほど実力と自信があるんだろうなぁ、と感心します。
    やっぱり数をこなさないと、普通はコーチできないからね。
    海外だと1時間で日本円にして数百万円のコーチもいるらしい。
    そこまでいくと、心のブレーキがうんぬんという範疇超えて、
    大金が動くなんだかよくわからない世界ですね(^_^;)
     
     
    ただ、私も自分を育てるための投資額はかなりのものです。
     
    プロのコーチ、特に国際コーチ連盟で認定されたコーチは、
    学び続けることが倫理規定に明記してあるので、
    皆さん自己投資してブラッシュアップし続けています。
    条件に合わなければ、資格を更新できません。
     
    そういう点では、国際資格を持ったコーチはそこそこの金額になるのは当たり前ですね。
    やはり、もう少し私も金額あげてもいいかも(笑)
     
     
    今の私の答としては、
    口に出してみて違和感ない金額でいく、ということにしています。
     
     
     
     
    長々と書いていますが、
    今回、価値と金額について久々考えてみたのは、こんな出来事から。
     
     
    今週、本を売りに行きました。
    3冊出したら・・・670円!
     
     
    結構高額ですよね。期待していなかったので、ビックリ。
     
    以前そこにフィレンツェ(イタリア)で10数万円で買ったラムのロングコートを売ったら
    700円でした(^_^;) 5回程度しか着ていない、新品同様だったのに。
    古本3冊で670円だなんて・・・・。
     
     
    しかも、このうち1冊が650円だったんです!
    あとの2冊は10円。まぁ、それが普通。
     
     
    ちなみに10円で売れたものは、注文カードやしおりまである新品同様のもの。
    650円は・・・アマゾンで買ったユーズド。
     
     
    希少で人に求められる可能性が高いものに高値がつく、ということなのでしょう。
     
     
    私にとっては、本棚のスペースを少しでも空けるために選んだ、不要な本。
    つまり私にとっては無価値に近かった。
     
     
    価値の置きどころの違い。
     
     
    そう考えると、
     
     
    価値ある人に届けば、価値が高いわけだから、値段は高くてOK、ということ。
    骨董品などはまさにそう。
     
    コーチになりたい人は、150万円のコーチングスクールで学ぶけれど、
    そこまで望んでいない人は、カルチャースクールで十分。
    そういうことですね。
     
    わかってはいたものの、なかなか実感したことがなくて、
    今回かなり衝撃的でした。
     
     
     
    同じ人間が選んで買った本が、
    他の基準でみたら、価値がこんなにも違うものだった、ということも驚き。
    ま、ジャンルは違いましたけれどね。
     
     
    まだ自分の中で整理はきちんとできていないけれど、
    自分の商品にどう価値を反映させた価格をつけるかは
    必要な人に必要なものを届ける、というところにいきつく。
    考えさせられた出来事でした。
     
    あなたはどういう基準で、金額設定していますか?
     
     
     
     
     
    よかったら、こちらのアンケートにご協力お願いいたします!
    皆さんの声をうかがって、お役に立てる内容を書いていきたいと思っています。
    ご協力のお礼に、セルフコーチング「自分への10の質問」をプレゼントしています。
    自分の軸をハッキリさせるツールです。ぜひお役立てください。
     
    【ご感想アンケートフォーム】
    https://ssl.form-mailer.jp/fms/16008e90545501
     
     
     
    ■3か月間の【パーソナル・コーチング】
    経営者の方、起業家の方向けの個人コーチング。
    あなたの味方になって、目標に一緒に向かいます!
    詳細はこちら♪
    https://piena-coach.com/personal_coaching/index.html
     
    ■【コアを明確にするコーチングセッション】
    自分らしく自信をもって、人生やビジネスを展開したいなら
    自分の軸を明確に!
    60分であなたの軸(コア)を明らかにしませんか?
    詳細はこちら♪
    https://www.piena-coach.com/blog/?executive=228
     
     
     
     
     
     

    2018/05/19 | Posted in
  • 良いアイデアも、実行しないとやらないも同然。
     
    やっていても、知られていないと、やっていないも同然。
     
    ビジネスをスタートしたからには、
    やることを決めて、
    周りに知ってもらって、
    実際にやってみて、
     
    うまくいったこと、
    うまくいかなかったこと、
     
    それぞれ振り返って、
     
    また次の挑戦。
     
    積むには力がいる。
    重ねるには、置き方と置くものが肝心。
     
    うまく積み重なっているかは、
    時間が経ってはじめてわかるのかもしれません。
     

     
    ちょっとぐらいズレていても、
    軸があれば倒れない。
     
    積み重なった姿は少々不格好でも、
    きっと味わいがあるあなたらしい形。
     
    だから、
    今をとにかく積み上げていきませんか?
    多少、形や厚さにバラつきがあっても、気にしないで。
     
    最初にイメージしたものとは違う形かもしれないけれど、
    人やモノや経験など
    確実に自分の資源は増えていて、
    やり続けた人だけが持てる豊かさが手に入っています。
     
    楽しんで積み重ねていきませんか?
     
     
    ★今日のCoaching Question★
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Q.自分が積み重ねた姿をみて・・・どう感じますか?
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    感想・気づきをコメントでお寄せください。
    お声をいただけたら嬉しいです♪
     
    info@piena-coach.com まで。
     
     
     
    追伸:
     
    メルマガが777号になる!と、それに目がいっていて
    明日で創業13周年というのをすっかり忘れていました(^_^;)
     
    2005年5月17日だったんですよね。
     
    屋号の「ピエナコーチングプロジェクト」は、
    パワハラ受けて切ない気持ちで通勤していたバスの中で
    考えたもの。
     
    「ピエナ」はイタリア語で、
    豊かな、とか、充実した、という意味。
     
    イタリア語の音の響きがとても好き。
    たいして話せないけれど、
    3週間かけて北から南のシチリアまで縦断したこともあります。
     
    そんな楽しい思い出を反芻しながら、
    辞めるまで1年間、針のむしろ状態で、
    通勤時間に必死でセルフコーチングしていました。
     
    私の独立起業は、
    情熱や志があるものではありませんでした。
     
    このまま居続けることはできないだろう、と思いながらも
    サラリーマン家庭に育った私は、起業なんて思ってもいなかった。
    けれど、
    ほとほと組織の中で働くことが嫌になっていたんです。
     
    毎朝、落ち込んだ気分で乗っていたバスの中で、
    いろいろと書いて自分をコーチ。
     
    私のリソースを書き出していくと、
     
    コーチングスキル、営業スキル、接遇スキル、
    企画運営経験、12年間の大企業での勤務経験、
    精神科でのストレスドック開発・・・・くらいしかない。
    あとは、すでに数人のコーチングのクライアントさんがいること。
     
    自分の強みは、
     
    人前で話せる、説得力のある話し方ができる、
    アイデア力、実行力、約束を守る、責任感が強い、
    どんなときでも笑顔になれる、家族が健康、住む場所がある、
    そして・・・若く見える(笑)
     
    といったことをうんうんうなりながら整理して、
    全部を掛け合わせてできることを必死で考えて
     
    当時のコーチの後押しすることばが引き金となります。
     
    「早くこっちへいらっしゃい」
     
    「こっち」というのは場所ではなくて、仕事ですね。
     
    そうして1年かかって、ようやく
    「コーチとして自分でやっていこう!」と決意したわけです。
     
    だから、今、独立起業をうたう人があまりに多くて
    すごいなぁ、と思っています。
    決意もだけれど、やるのは簡単じゃないからね。
    さらに、
    やり続けるのは簡単じゃないですからね。
     
    途中でサラリーマンに戻る人も何人かみてきました。
     
    だから、私は安易に起業を勧めません。
     
    決めてしまえば、
    会社を辞めるのは、簡単。
    起業もすること自体は簡単。
     
    組織で働いていると、つらいことも悩みもいっぱいあります。
    だけど、居場所が確保されているのは、
    必要とされてるってことではないでしょうか。
     
    そうは思えないかもしれないけれど、そうなんです。
    たとえ、自分でなくてもいい、と思える仕事でも
    自分だからできる、形にしていくことはできると思います。
     
    私が辞めたのは、
    自分のつくった仕事を全部取り上げられ、(仲の良い友達に移行され)
    総合職から一般職に落とされ、(ミスもしていないのに)
    給与を半分近く下げられて
    (ここは弁護士に入ってもらってギリギリラインまで取り戻した)
    まったく異なる場所に異動され、
    仕事を与えられず、通うだけになったからです。
     
    そんなことでもない限り、
    会社の中で、自分を活かすことはできるから、
    辞めない方がいい。
    組織にいるからこそ、できることがたくさんあります。
     
    向き不向きでいうなら、
     
    向く仕事や向くやり方を自分で作っていくことができないかなぁ、
    と思うのです。
     
    いろんな事情があるかもしれないけれど、
    向こうから自分の方に向いてくれるような都合の良いことって
    なかなかないですよね。
    向いてほしいなら、向かせるためにアイデア出して、
    行動をしていくしかないかもしれない。
     
    起業したら、社会に直にさらされて
    向こうから向くものがやってくることなどないのですから。
    誰も守ってもくれません。
     
    それでも、大海原に飛び込む覚悟が本当に本当にあるなら・・・
     

     
    ぜひ、組織から飛び出して、ご自分の道を創ったらいいですね!
    私は応援する側にまわります(^^)
    私の起業後のリソースもふんだんに使って
    コーチします。
     
    できるなら、辞めてしまう前から準備しっかりしていきましょう。
    情熱だけでは、とくに今が嫌だから辞めたい、が理由にあるなら
    続けるのは大変だから。
     
    そして、
    起業しているものの、行き詰っている方は
    そうだよねー、と思ってくれているはず。
     
    ひとりで戦うのは大変ですよね。
    コーチング受けると、視界が広がる可能性大です。
    よかったら力になります。
     
    なんだかんだいっても、
    私は二度と雇われる側にはなりたくないって思っているので(笑)
    起業したい人の力にはなりたいです。
    それくらい、自分でやっていくことの自由さが気に入っています!
    良い結果も、悪い結末も、全部自分の責任ですから、スッキリです。
    人のせいにできないのがいい。
     
    なので、
     
    紆余曲折しながら、
    これから先、14年目を越えて、15年、20年・・・とやっていくつもり♪
     
    よかったら、こちらのアンケートもご協力お願いいたします!
    お礼に、セルフコーチング「自分への10の質問」をプレゼントします。
    少しでもお役に立てる自分になりたいので。
     
    【ご感想アンケートフォーム】
    https://ssl.form-mailer.jp/fms/16008e90545501
    どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
     
     
     
    ★小さな会社経営者・起業家のための
    【愛と影響力を高めるプロジェクト 7days無料メールセミナー】
    幸せの連鎖に巻き込むリーダーになるために必要なことを、
    1週間にわたり毎日お伝えします。
    詳細はこちら♪
    https://www.piena-coach.com/blog/?executive=2173
    登録フォームはこちら♪
    https://48auto.biz/piena-coach/registp.php?pid=3
     

  • やる気は大事
    ビジョンも大事
     
    だけど自分だけの力では、前に進みづらいこともありますね。
     
    サポートしてくれるものがあると、
    不可能と思えたことが、できる!チャンネルに
    切り替わることがあります。
     
    あのツールがあったから
    あの情報があったから
    あの人がいてくれるから、
     
    ここまでこれた、と思えます。
     
     
    例えば・・・・
     
    健康維持に万歩計は、
    目標数字を越えると、「もっとがんばろう」って意欲わかせてくれます。
     
    毎晩の献立に悩む主婦には、お料理アプリは強い味方。
     
    サッカー選手にはサポーターの声援が、
    長びく試合でもタフでいられるエネルギーとなる。
     
    そして、カープにはカープ女子(笑)
     

     
     
    かつて職場で追い込まれていた最悪の1年間は、
    1冊の本に支えられ、毎朝通勤バスの中で繰り返し読んで
    自分を振るいたたせていました。
    その本はいまでも迷いそうなときに、私を支えてくれています。
     
    うまくいかないときや、落ち込んだときは、
    コーチングを学びはじめたころのノートや
    生徒さんからいただいた手作りのもの、
    尊敬するルー・タイス氏とハグした写真にも
    励まされます。
     
    「まだまだいける! やれることはたくさんある!!」
    と自然に力が湧いてくる。
     
     
    あなたにもありますよね。
    勇気づけられたり、行動を支えてくれるものは何ですか?
     
    これからも、ともにいてくれることに感謝して、
    目指すところに向って挑戦していきましょう!
     
    このサポートがあることで、
    プロセスを楽しみながら、少しでも早く、確実に、
    前進していきたいですね。
     
    迷いや困難の先で、
    可能性の扉は、
    あなたに開かれるのをきっと待っています。
     
     
    壁があるのは、前に進んでいる証拠!
    コーチング個人セッションの無料オリエンテーションは随時実施しています。
    お問い合わせくださいね。
    info@piena-coach.com
     
    パーソナルコーチングの詳細は、こちらのページをご覧ください。
    https://www.piena-coach.com/personal_coaching/index.html
     

    2018/05/08 | Posted in
ページトップ
btn